だいきまのひねくれ音楽ブログ。

音楽の話(主に邦ロック)をしたり雑談をしたり。

MacBook12インチの販売が終了してしまった今、買い替えの時にどのパソコンを選べば良いのか考える

おはこんばんにちは。
だいきまです。

僕の大好きなMacBook12インチの販売が終了してしまいました。

こんなに悲しいことはないのです。
一度記事にもしたので是非見てください。

daikimapad.hatenablog.com

前回の記事でも少しMacBook12インチからの買い替えについては書いているのですが、今回はもっと真剣に考えてみようと思います。


何故MacBook12インチに需要があるのか?


(引用 https://www.trustedreviews.com/news/the-12-inch-apple-macbook-is-dead-3906669

とにかく薄くて軽い

1キロを切る軽さで、しかもめちゃくちゃ薄い。
MacBookを選ぶ理由は正直これに尽きます。

常人ならMacBook Airを選ぶと思うのです。
何故ならMacBook12インチより値段も安くてスペックも良いですからね。

物好きが買うパソコンです。

MacBookの中で一番スタイリッシュなモデル

デザインに無駄がないのです。
先ほども言いましたが薄くて軽い。
しかも外部接続ポートはUSB-Cポート一つとイヤホンジャック一つだけ。
しかもスペックが低い。

とにかく何もかも削ぎ落として薄さと軽さに全てを捧げたモデルです。

最高すぎんか???

こんな素晴らしいPCなのにもう新型は出ない

MacBook Airよりスペックが劣るのに価格がMacBook12インチの方が高い点など、
とにかくわざわざMacBook12インチを選ぶ理由が少なくなり、やはり人気がなかったのでしょう。

秋にはiPad OSがリリースされますし、完全にMacBook12インチを殺しにかかってきました。

これはもういじめです。

このいじめによりMacBook12インチは死ぬほど肩身が狭くなってしまいました。

そんなこんなで販売が終了してしまいました。

後継機種が発表されなければ現在のMacBook12インチユーザーは途方にくれてしまいます。
と言うかもう途方に暮れてます。


現在のMacBook12インチ所有者はどの端末に乗り換えるべき?

MacBook12インチの需要などを加味して、自分が実際に買い換える時、どの端末に買い換えるか5つ候補をあげてみました。
全部薄型で軽量、デザイン面で優れている端末を選んだつもりです。

Apple MacBook Air


(引用 Amazon)

MacBook Airの魅力ポイント
・USB-Cポートが2つ搭載
・Touch ID搭載
・第8世代Intel Coreシリーズプロセッサ搭載
・バッテリー稼働時間が12時間
・119800円と言う価格。

同じMacBookに買い換えるならこれ一択になるのでしょうかね。
MacBook12インチにはUSB-Cポートが一つしかありませんがこちらは2つ搭載されています。
また、指紋認証であるTouch IDがキーボードの右上部分に搭載されていることも魅力ですね。
AppStoreでのアプリのダウンロードの際やロックを開ける時に使用できます。

MacBook12インチは第7世代のIntel Coreシリーズなのですが、こちらは第8世代。
まずそもそも搭載されているプロセッサ自体の種類もAirの方が良いものなので、
パフォーマンス性能が割と違います。

あとはバッテリー稼働時間が12インチの10時間より2時間長い点。
そして価格も15000円安い点が魅力です。


Apple iPad Pro 11インチ


(引用 https://www.lifewire.com/apple-ipad-pro-2018-11-inch-review-4590128

iPad Proの魅力ポイント
・秋からiPad OSが登場しよりPCライクな使い方が可能に
・Apple独自のプロセッサを搭載しており、動作が安定・しかも超高速。
・MacBook12インチより軽い。
・Apple Pencilが使える
・89800円からと言う価格。

MacBook12インチユーザーはそこまで端末に負荷のかかる作業をしていないはずなんです。
そういうことを求めるのならMacBook Proを買いますし、
わざわざこの端末を選ぶ人はスペックの低さなどある程度理解していますし、知識もある気がします。

ならiPadも一つの選択肢なのかなと。
秋からiPad OSが登場してよりPCライクな使い方が可能になります。
詳しくは下記の記事が良く書かれていたので是非。
新「iPad OS」は何が変わった?「iPad」にインストールして確かめてみた|@DIME アットダイム

また、MacシリーズのプロセッサはIntelのCoreプロセッサを使用していますが、
iPadはAppleが自社開発しているプロセッサです。
iPad Proは現時点で最強のA12 Bionicを搭載しており、そこらのPCよりも余裕で動作が速いです。

また、重さも468gで、
キーボードつきカバーである純正のSmart Keyboard folioを使用しても合計で764g。
MacBook12インチよりも200gほど軽いのです。

iPadにしかない、Apple Pencilを使えることも魅力でよりクリエイティブにも使用できますね。

価格もMacを購入するに比べて遥かに安く購入することができます。


Windows Surface Pro 6


(引用 https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-pro-6/8zcnc665slq5

Surface Pro 6の魅力ポイント
・Windows OS搭載
・Officeが標準で搭載されている
・Surfaceペンが使える

いっそのことWindowsに乗り換えるのももしかしたらありなのかな、と。
SurfaceはMacと比べると低価格でOfficeも標準搭載されています。
ライターをしていたらOfficeが入っているパソコンが必須の案件とかもあったりするんですよ。

だから個人的にOffice標準搭載は嬉しいです。

あとはSurfaceペン。
結構感度が良いで有名ですね。

個人的にはキーボードの打ち心地が微妙なのと、キーボードがアルカンターラ素材でしたっけ?
あれが好きじゃないので購入を渋る理由はそこだけですかね。
キーボードだけ改善してください。


Lenovo Yoga Book C930


(引用 https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/1148747.html

Yoga Bookの魅力ポイント
・デュアルディスプレイ搭載
・めちゃくちゃ薄い・軽い
・物好きにウケる

MacBook12インチ所有者からしたらこのパソコンすごくそそられるんじゃないですか?
僕もその一人です。
デュアルディスプレイになっており、1つは時にはキーボード、一つは絵を描くなど、様々なモードに変わってくれます。

そしてめちゃくちゃ軽くて薄い。
9.9mmという薄さ、775gという軽さ。
MacBook12インチもこれにはかないません。

ちゃんとWindowsを搭載していますからね、しかも。

スペックはちょっと低かったりするのですが、軽い作業中心のMacBook12インチユーザーには問題ないんじゃないかなと。
とにかく珍しい端末ですね。

この他のパソコンとは俺は違うぜ感、最高だぜ。


HUAWEI MateBook 13


(引用 https://www.pocket-lint.com/laptops/reviews/huawei/146641-huawei-matebook-13-review

MateBook 13の魅力ポイント
・デザインがMacBookに似ている
・スペックが高くて軽い
・急速充電対応

MacBookのデザインに似ていると話題になったHUAWEIのノートパソコンです。
デザイン重視の人もこれなら問題ない気がしますね。

中身もちゃんと高性能ですし、1.05kgと軽量の部類です。

MateBook X Proという上位互換機種があるのですが、これはMacBook ProからもしWindowsに買い換えるとなった時に検討するような機種だと思うのであえてこの機種を選びました。

急速充電も魅力ですよね。
15分充電したら2.5時間使用できるんですってよ。


まとめ

色々端末をまとめてみました。
本当、MacBook12インチが惜しい…