音楽中心のエンタメ総合ブログ。

iPhone 11&iPhone 11 Pro/Pro Maxは買うべきなのか?魅力や大きな変更点から考えてみた。

おはこんばんにちは。
だいきまです。

9月11日にAppleの発表会が行われ、iPhone新機種である、
iPhone11とiPhone 11 Pro/Pro Maxが発表されました。

iPhoneの新機種を待ち望んでいた人も多かったのでしょうか。

がっかりした人も歓喜した人も、去年iPhoneを変えて今年は購入しない人もいるかも知れませんが、
今年のiPhone 11&iPhone 11 Pro/Pro Maxは買いなのか考案してみようと思います。

iPhone 11 Pro/Pro Max基本スペック


(引用 https://www.apple.com/jp/)

www.apple.com

多少の違いはありますが基本的にiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの違いはディスプレイサイズが5.8インチ(11 Pro)か6.5インチ(11 Pro Max)で違うのみです。

XR・XS/XS Maxからの変更点は??

iPhone 11はXRの後継となる機種、iPhone 11 Pro/Pro MaxはXS/XS Maxの後継となる機種と考えて比較していきます。

XRと11の比較


(引用 https://www.apple.com/jp/

一つ目ですが価格が大幅に下げられました。
XRは発売時84800円(税別)からだったものが11は74800円(税別)からと1万円も値下げされています。

そしてカメラが一眼から二眼に変わり、大幅に機能もパワーアップしました。
超広角レンズと広角レンズが内蔵され、今までより広く撮影できるようになりました。

カラーも少し変わり、XRの6色展開を引き継いでいるものの、ホワイト・ブラック・プロダクトレッド以外のカラーがXRとは違いパステルカラーに近い色に変更となっています。
ブルー・オレンジは廃止されグリーン・パープルに変更となっています。

Appleロゴは中央上から真ん中に移動しました。

プロセッサはA12 BionicからA13 Bionicにパワーアップしてよりサクサクに動かすことができます。
また、電池持続時間もXRより1時間伸びました。

XRは水深1mで最大30分の耐水性能だったものが11では水深2mで最大30分の耐水性能に変更になりました。

大きく違うのはこんなもんでしょうか。

XS/XS Maxと11 Pro/11 Pro Maxの比較


(引用 https://www.apple.com/jp/

11と同じ11 ProシリーズもXSシリーズより価格が抑えられています。
XSシリーズの最安値は112800円(税別)でしたが、11 Proシリーズの最安値は106800円(税別)から。
こちらもXRと11までいかないものの6000円価格が引き下げられています。

カメラは二眼から三眼になり、よりタピオカに近付きました。
あ、すいません。
より高繊細・高広角の写真を撮ることができるようになりました。

そして賛否両論ですが3D Touchが廃止されました。
世間に浸透しなかったんでしょうね。
これは賛成です。
日本人もLINEのトークを既読せずに見るぐらいにしか使ってないと思われます。
その為に高いお金を端末に払うんなら削ってくれて正解だと思います。

11と同じくAppleロゴも端末中央に移動しています。
背面にもう一つ違いがあって、X、XSとガラス仕様になっていましたが、11 Proシリーズは少しマット調のガラスに変更になっています。

耐水性能が水深2mで最大30分だったのが水深4mで最大30分に変化しています。

チップも11と同じくA13 Bionic搭載でXSシリーズのA12 Bionicより上位のものが搭載されています。

高さ・幅・暑さが少しずつアップしてXSの177gから188gになっています。
11 Pro Maxも226gとXS Maxの208gよりアップしています。

カメラが増えた分重量が増えるのは仕方のないことなのですがここ数年ずっと重くなっていってる気がします。
軽さ薄さを追求していたAppleはどこへ行ってしまったのでしょう。

まあ僕はそこまで気にしないので良いんですけどね。

バッテリー性能は大幅アップ。
11 ProはXSより4時間も。
11 Pro MaxはなんとXS Maxより5時間もアップしています。
1日中そこまでバッテリーの心配をせずに使用することができ、素晴らしいと思いました。

iPhone 11&iPhone 11 Pro/Pro Maxは買うべきなのか??

前機種から比べて新型としては価格が安い

比較の項目でも触れましたが前機種のiPhone XRとXSシリーズに比べて11と11 Proシリーズは価格が抑えられています。

位置付けに関しても昨年はXS/XS Maxが通常のモデル、XRが廉価版という位置付けな気がしたんですけど、
今年は11が通常のモデル、11 Pro/11 Pro Maxがプロ向けモデルになって廉価版という位置付けの商品を廃した気がします。
と言いますか、大勢の人は11で充分になったのかなと。

多くの人の期待に見合った動きをしてくれそうな11、本格的な写真を撮りたい人におすすめの11 Proシリーズどちらも価格が抑えられており価格面でかなりおすすめしたいです。

大きな変更点がカメラだけ


(引用 https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1206673.html

しかし懸念点も存在します。
前機種から大きく変わった点がカメラ機能ぐらいだということです。
Apple公式サイトのiPhone 11と11 Proシリーズの紹介ページも半分ぐらいがカメラの紹介です。

iPhoneの背面でApple WatchやAirPodsを充電する機能やLightning端子が廃止されiPad Proと同じようにUCB-Cが備え付けられる噂もあったのですがどちらも残念ながら搭載されませんでした。

もちろんカメラ機能は本当に大幅にアップしてより広角に撮影することができ、ナイトモードの登場でフラッシュなしでも夜の綺麗な写真を撮影することも可能になったのはもちろん喜ばしいことです。
しかし、カメラ機能を追求する人は一眼レフカメラを購入すると思うのです。

正直一般人からしたらXSシリーズのカメラでも充分に綺麗な写真を撮ることもできますし、充分だと思ったり思わなかったりします。

このカメラ機能の向上だけに大きな変更点が留まってしまったのは少し残念でした。

上位機種の11 ProシリーズはProの名のもと本格的なプロ仕様に

やはり三眼カメラになったことによりかなり高品質な写真を撮ることができます。
スペックもかなりの速度で、スマートフォンの中で一番動作速度が早いとAppleも謳っています。

YouTuberや動画編集者など様々なクリエイティブな仕事をしている人にかなり向いている「プロ仕様」に仕上がっているのではないかと感じます。

元々Macもクリエイティブな職業をしている人が多く使用しており、そこに強みがありますしiPhoneもMacも目指すところは同じように思えます。

一般消費者にはiPhone 11で充分。そして超おすすめしたい。

以上の点から踏まえ、変わらなかった点はありますがiPhone 11と11 Pro/Pro Maxはおすすめできる端末だと思います。

特にiPhone 11。
プロ仕様のiPhone 11 Proシリーズを購入せずとも十分な力を発揮してくれるのでおすすめしたいです。

価格も抑えられていますし、カメラは超広角に撮影することができます。
これ以上なく色々な意味でお得な端末に仕上がっているのではないかなと感じました。

まとめ

いかがでしたか?
ぜひ皆さん新型iPhoneを手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です