エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

僕がAirPods ProではなくPowerBeats Proを選んだ理由を話していく。


【引用 https://ite.st/j/powerbeats-pro-レビュー/

おはこんばんにちは。
だいきまです。

2020年になって3秒ぐらいでPowerBeats Proを購入しました。

AppleからはこのPowerBeats Proと、大人気で在庫がなく入荷待ちの状況が続いているAirPods Proの2つのイヤホンが機能性・音質なども良く評価されているイヤホンとなっています。

なぜ僕はAirPods ProではなくPowerBeats Proを選んだのか?という記事です。


正月の自分へのお年玉としてPowerBeats Proを購入


【引用 https://jp.techcrunch.com/2019/04/05/2019-04-04-trying-out-beats-fully-wireless-powerbeats-pro/

購入に至った経緯はとにかく高価なイヤホンが欲しかったからというところに尽きます。

それまではオーディオテクニカの1万円弱のイヤホンを使っていました。

もちろん安価なイヤホンというわけでもないのでナチュラルでクセのない音楽を奏でてくれて、大きく不満があるわけでもないのです。

ですがやっぱり音がシャカシャカするのが少し気になるなあ、と感じます。

友達にBOSEのイヤホンやSONYのイヤホン(どちらも定価2万円以上)を試聴させてもらった時に音質の違いに驚いて新しいイヤホンの購入を決意しました。

購入するモデルについてはAirPods ProかPowerBeats Proのどちらかかなあ、と。

何故なら僕はApple厨だからです。

次からは何故AirPods ProかPowerBeats Proかのどちらかで迷ってPowerBeats Proの購入に至ったのかを書いていきます。


なんでAirPods ProではなくPowerBeats Proを購入した?

AirPods Proは在庫切れが続いていてそもそも購入するとなると手に入れられるのはかなり先


【引用 https://japanese.engadget.com/2019/10/31/airpods-pro-apple/

最大の理由がこれ。

記事執筆時点で2020年1月3日。

今、Appleオンラインストア上でAirPods Proを購入しようとするとなんと出荷まで4週間かかります。

店舗受け取りの場合も2月まで待たないといけない。(下記画像参照)

こりゃ待てねえなと。

さすが大人気のAirPods Proです。

待つことも考えましたが、特に在庫があるので待たなくていいPowerBeats Proで良くね?と言う考えに至りました。

Yahoo!ショッピングでのポイント還元が神っていた


【引用 https://medici-blog.com/yahooshopping1

PowerBeats ProはAppleのオンラインストアからでもなく、家電量販店の通販サイトからでもなく、Yahoo!ショッピングから購入しました。

まあポイント還元のえぐいことえぐいこと。

AirPods Proも販売がされていますが、各地で入荷待ちが続いているせいでプレミア価値がついており、定価より販売されているサイトがほとんどです。

なんとPowerBeats Proは定価の税込価格より安い24,798円で購入できました。(記事執筆時点)

そして更にここに5,648円相当のPayPay残高・488円相当のTポイントが還元されるのです。

僕がYahooカード所持者・携帯キャリアがソフトバンク・Yahoo!プレミアム会員なのもありますがなんとその還元率は25%

ヨドバシやヤマダもびっくりの還元率です。

単純に商品の価格の4分の1がキャッシュバックされるのです。

こりゃもう買うしかないでしょ。

Beatsの低音のサウンドが魅力


【引用 https://www.beatsbydre.com/jp

僕が主に聴く音楽のジャンルはロックです。

その中でもHIPHOPやクラブミュージックを取り入れたバンドを聴くことが多いです。

(有名どころならサカナクションみたいな。)

つまり、低音に強いイヤホンは神なわけです。

Beatsと言えば低音!と言えるぐらい伝統的に低音に強いのです。

対してAirPodsはどの音楽にも幅広く対応しているナチュラルでクセがないのが特徴。

自分の中でどれが合っているのかなあと考えるとBeatsだと思いました。


フックがないと落としそうで怖い


【引用 https://www.digitaltrends.com/headphone-reviews/powerbeats-pro-review/

AirPods Proは直接耳にはめ込む通常のカナル型イヤホンです。

対してPowerBeats Proはカナル型のイヤホンに加えて耳にかけるフックがついています。

フィットネスなどでも使えることを強調したモデルであることからちょっとやそっとじゃイヤホンが耳から外れないのです。

僕は耳の穴がちっちゃいのでよくイヤホンが耳から落下するのでとても嬉しいんですよこれ、、

よく考えたものの、自分にはノイズキャンセリングは必要なかった

PowerBeats Proには今流行のノイズキャンセリング機能がありません。

AirPods ProにはAppleのオーディオ製品では初めてノイズキャンセリング機能が追加されました。

ノイズキャンセリング機能は外部の音をほぼ消し去ってくれ、音楽に集中できる機能です。

もちろんノイズキャンセリング機能もとても魅力的に感じていたのですが、よくよく考えた結果は自分には絶対的に必要のあるものではないかなという考えに至りました。

別にノイズキャンセリングまでしなくてもカナル型はある程度密閉されるのでそんなに大きく外部の音を気にすることはないかな、と思った次第です。

というか普段イヤホンを使っていてそんなに外部の音を気にしたことがないので。

まとめ

いかがでしたか?

AirPods ProではなくPowerBeats Proを購入した理由をまとめてみました。

製品が到着次第、開封の儀や実機レビューもしてみます。