エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

嵐のサブスク解禁・YouTubeでMV公開とか言う日本の音楽業界で激震が起こるニュースからサブスクの今後などについて考える。


(引用 https://www.johnnys-net.jp/page?artist=10&id=artistTop

おはこんばんにちは。
だいきまです。

すごくびっくりしました。
嵐がジャニーズグループの中で5曲のみではありますが、初めて音楽配信サブスクリプションサービスの解禁がなされました。

それと同時にYouTubeもサブスクと同じ5曲のMVの配信が開始されています。

これがどれだけすごいことか、またこの先どうなっていくかを考えていきます。

嵐がサブスク解禁


(引用 https://www.cinra.net/news/20190618-arashi

サブスク解禁された曲

A・RA・SHI
Monster
truth
Happiness
Love so sweet

上記の5曲です。
同時にYouTubeでもこの5曲のMVが公開されています。

全ての曲が公開1日で100万回再生越え。
さすが日本を代表するアイドルグループです。

なぜこの5曲??

嵐といえば、と言いますか一般人にも知られている嵐の曲を厳選したような感じでしょうか。
どれもこれも嵐が特段好きじゃない人も口ずさめる気がします。

ちなみに僕も嵐が特段好きなわけじゃないけど口ずさめます。

活動休止を控えてのサブスク解禁


(引用 https://mobilelaby.com/blog-entry-arashi-subscription.html

嵐は来年(2020年)に活動を休止します。
好きなことをやりたいというリーダーの大野君の考えからで、メンバーも一人がかけてしまっては活動を存続できないという他のメンバーの考えもありました。

活動休止と今回のサブスク解禁・YouTubeのMV公開は関係あるのでしょうか。
本人たちもジャニーズ事務所も特に何も語っていないのであくまで予想でしかないですが、少しは関係あるのではないでしょうか。
色んな人に嵐の音楽を聴いてもらいたい、嵐の音楽に触れることができる機会を増やしたいという思いがあってメンバーが事務所に相談したんじゃないかなと思います。

ジャニーズのメディアに対しての考え方を変えただけでも功績がすごいものです。

これからのジャニーズ、これまでのジャニーズ


(引用 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/01/news092.html

ジャニーズは日本を代表する巨大な芸能事務所です。
人気グループを数多く輩出してきました。

テレビでの露出などは多いものの、ネットではかなりの規制がなされていました。

サブスクとYouTubeは今回嵐が解禁するまで誰も配信されておらず、
ネットでジャニーズに所属するタレントが表紙を飾ったりなどするときはシルエットになって紹介されていました。

ジャニーズ事務所がネットに対して良いイメージを持っていなかったのかどうなのかは分かりませんがジャニーズ所属のタレントは基本的にネットで見ることができませんでした。

ですが、サブスク・YouTubeより一足先に表紙写真のシルエット化が撤廃されネットの雑誌紹介などでもタレントを見ることができるようになりました。

そして今回の嵐のサブスク解禁、YouTubeでのMV公開。

これからどんどんジャニーズもネットに力を入れていくとまた音楽業界も面白くなってくるなあと感じます。

嵐を機に他のグループもどんどんネットに進出していって欲しいものですね。

今の若者は圧倒的にテレビよりネット派が多いと思うので時代の波に乗っていって欲しいです。

日本のサブスクは海外に比べて弱い

日本の音楽配信サブスクリプションサービスは海外に比べて配信アーティストの割合が低く、まだまだ発展途上です。
日本という国自体がIT後進国と言われているのでまあ当然のことではあるのですが。

ただ、今年に入って大きくサブスクが成長し始めました。
BUMP OF CHICKENや星野源、Perfume、スピッツ、そして今回の嵐と数多くの人気アーティストが続々サブスクを解禁し始めています。

もちろん米津玄師やB’zなど未だにサブスク配信されていないアーティストも居ますが大きな進歩です。

それでもまだ海外に比べてはやはり比率的に勝てないと思うので他のジャニーズグループのサブスク解禁も待望したいと思います。

サブスクが解禁されていないアーティストをまとめた記事はこちら。
www.daikima.com

サブスクの今後


(引用 https://www.goodspress.jp/howto/209894/

ジャニーズグループである嵐がサブスク解禁されて、サブスクサービス自体は今後どうなっていくのでしょうか。
まず、登録者数を増やすのに大きな原動力になるのは間違い無いと言えます。

ジャニーズグループは多大な影響力を持っています。

サブスク登録者数の増減や今回の嵐の曲がサブスクでどのくらい再生されているのかは数字を見ることができないので分かりませんが、YouTubeのMV再生回数は5曲全てが公開から1日で100万回再生越え。

さすが国民的アイドルグループだ。

再生回数の基準があまり分からない人に言いますと正直これは異常な再生回数と言うか、素直にすごいです。

サブスクも同等かこれ以上ぐらいの再生回数はあるのではないでしょうか。

ジャニーズが好きな人は日本に山ほど居ますし、やはりサブスクの登録者数にも大きな影響を与えるように思います。

まとめ

いかがでしたか?
今回の嵐のサブスク解禁とYouTubeでのMV公開には驚かされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です