エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

日向坂46のこれまでのシングル&アルバムのヒット祈願まとめ。難易度の高いヒット祈願が多い?


(引用 https://www.hinatazaka46.com/s/official/?ima=0000

おはこんばんにちは。
だいきまです。

坂道グループの乃木坂46、欅坂46、日向坂46はそれぞれシングルやアルバムが発売されるたびに冠番組でヒット祈願と称してPRするために様々な活動が行われます。

そんな中でこの記事では日向坂46の冠番組で行われたヒット祈願についてまとめてみます。

けやき坂46時代のヒット祈願

欅坂46 5thシングル「風に吹かれても」


(引用 https://www.amazon.co.jp/

放送回

欅って、書けない?
102回(2018年10月23日)
欅坂46 5thシングルヒット祈願!


(引用 欅って、書けない?より)

ヒット祈願の内容

風の神様を祀っているとされる「風神神社」と長野県の「清滝」で滝行。「風神神社」では神社までの道中で会う人にPRシールの配布が行われました。

参加メンバー

けやき坂46・2期生(金村・河田・小坂・富田・丹生・濱岸・松田・宮田・渡邉)の全員

けやき坂46 1stアルバム「走り出す瞬間」


(引用 https://www.amazon.co.jp/

放送回

ひらがな推し
10・11回(2018年6月18日・25日)
「1stアルバム発売記念!バンジージャンプでヒット祈願!」


(引用 ひらがな推しより)

ヒット祈願の内容

メンバー19人が1stアルバムのヒットを祈願してバンジージャンプに挑戦。

参加メンバー

けやき坂46・1、2期生(影山は学業優先のため活動休止中)

日向坂46のヒット祈願

1stシングル「キュン!」


(引用 https://www.amazon.co.jp/

放送回

ひらがな推し
47〜50回(2019年3月11日〜4月1日)
日向坂46 デビューシングルヒット祈願!120km駅伝の全記録をみんなで見よう!


(引用 日向坂で会いましょうより)

ヒット祈願の内容

日向坂46メンバー全員でたすきを繋いで三嶋大社までの120kmを駅伝形式(2人1組)で行うというヒット祈願。

参加メンバー

日向坂46全員(影山は学業優先のため活動休止中)

2ndシングル「ドレミソラシド」


(引用 https://www.amazon.co.jp/

放送回

日向坂で会いましょう
14・15回(2019年7月15日・22日)
2ndシングルヒット祈願の記録をみんなで見よう!


(引用 日向坂で会いましょうより)

ヒット祈願の内容

全メンバーが協力してドラゴンボートで琵琶湖の15キロ横断に挑戦。走破した後には日吉大社目指して山登りに挑戦。

参加メンバー

日向坂46全員(柿崎は1stシングルまでの活動で不参加・影山は学行優先のため活動休止中)

3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」


(引用 https://www.amazon.co.jp/

放送回

日向坂で会いましょう
24・25回(2019年9月23日・30日)
3rdシングルヒット祈願!番組オリジナルPVを1カットで撮影しましょう!


(引用 日向坂で会いましょうより)

ヒット祈願の内容

3rdシングルである「こんなに好きになっちゃっていいの?」の曲に乗せてメンバーそれぞれが挑戦したいことを一人ずつ成功させていき1カット撮影の番組オリジナルMVを撮影するというヒット祈願。誰かが失敗したら最初からという坂道グループの中でも類を見ない過酷なヒット祈願。

参加メンバー

日向坂46全員(影山・濱岸は学業優先のため活動休止中、井口は活動自粛中、齋藤は舞台の稽古のため本番で急遽不参加)

日向坂46のヒット祈願は他のグループと比べて過酷なものが多い?

日向坂46の今までのヒット祈願についてまとめてみましたが、他の坂道グループと比べてもかなりヒット祈願のレベルが高いように感じます。

バンジージャンプは全員参加でパワハラだ!という声まで出ました。
メンバーの3人がリタイアになってしまいましたね。

また、駅伝も一人が約12km走らなければなりませんでした。

ドラゴンボートも15km横断という、プロの選手でもやったことのない距離に挑戦しました。

しかしそんな過酷な企画もこなしてしまう日向坂に対して、体力面で追いこんではもうそつなくクリアしてしまうと思ったのか、
3rdシングルでは精神面で追い込む企画を行いましたね。

「こんなに好きになっちゃっていいの?」の番組オリジナルMVを作るため1カットで撮影。それも挑戦したいことを一人ずつ行っていき失敗したら最初から。

今までの坂道グループのヒット祈願の中で一番過酷だった企画なんじゃないでしょうか。

号泣するメンバーが続出しましたし、かなりの長時間の撮影になりましたがなんとこの企画も最後の撮り直しで成功しました。

日向坂46にできないことはないんでしょうか。
なんでも成功してしまいます。

もはやこれがヒット祈願なのかどうかは分かりませんし賛否両論あると思いますが、僕個人的には今後も厳しい企画をぶつけて欲しいものです。

まとめ

いかがでしたか?
日向坂46の冠番組内で行ったヒット祈願についてまとめてみました。
バラエティ能力が高く、どんな企画でも面白くできる日向坂46はきっと正統派アイドルの未来を担っていると言っても過言ではないグループです。

これからも注目していきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です