エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

FM802 30PARTY RADIO CRAZY 2019(レディクレ2019)まとめ。開催日や服装、出演アーティストなど。

f:id:daikima:20190930033003j:image
(引用 https://radiocrazy.fm)

 

タイムテーブル発表!!(12/9)

おはこんばんにちは。
だいきまです。

RADIO CRAZYという冬フェスについて語っていきますよ。

FM802 RADIO CRAZYは毎年12月の最終週に大阪府大阪市のインテックス大阪と呼ばれる場所で行われる冬のロックフェスです。

「レディクレ」という愛称で親しまれています。

昨年はレディクレ自体が10周年を迎えましたが、今年は企画・運営のFM80230周年イヤー。

豪華な出演アーティストが期待されます。

東のCOUNT DOWN JAPAN、西のRADIO CRAZYと呼ばれるぐらいの関西を代表する年末のロックフェスとして有名なロックフェスです。

他のフェスとの違いや魅力、
そしてFM802 30PARTY RADIO CRAZY2019について出演バンドや見所などを話したいと思います。

公式ホームページ FM802 30PARTY FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2019

RADIO CRAZY 2019の魅力

1年通しても関西で最大級のロックフェス

f:id:daikima:20190930130403j:image
(引用 https://spice.eplus.jp/articles/165671

春夏秋冬、1年通しても関西の中でトップクラスに大規模なロックフェスです。

関西だと他にRADIO CRAZYに並ぶ大規模なロックフェスを挙げるとすると夏に行われる「SUMMER SONIC(サマーソニック)」ぐらいでしょうか。

SUMMER SONICは東京と大阪で開催されるので、大阪単独での開催と考えるとRADIO CRAZYが最大規模になります。

書き納めなど、関西ならではのユニークな催しも

RADIO CRAZYでは1年の締めくくりをする為に、書き初めならぬ書き納めができるというスペースがあって1年を振り返ることができたり、過去(2016年)には足湯もあったりと、関西での主催フェスならではのユニークな催しがあったりします。

その他にも美味しいグルメを食べることができたりストラックアウトなどのミニゲームコーナーなどがあったり、1日中非日常空間を味わうことができます。

ステージに行って音楽を聴くのも良し、ご飯を食べるのも良し、最高の1日を過ごしましょう。

今年はなんと3日開催!

FM802開局30周年と銘打って開催される2019年はなんと例年の2日より1日多い3日間開催されます!

どの日に行くのかは予定やアーティストの出演日によって決まってくるかと思いますが、すごく楽しみですね。

初の3日開催、どうなるのでしょうか。

年末のロック納めができる

f:id:daikima:20190930130448j:image
(引用 http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/58914

RADIO CRAZYは東京のCOUNT DOWN JAPANのように年越しオールナイトで開催されるイベントではないですが、今年も12月の25、26、27日と年末に開催されます。

きっと関西の方の多くはこのイベントでロックフェス納めをする方が多いのではないでしょうか。

2019年は東京で開催されるCOUNT DOWN JAPANと開催日が被らない

初の3日開催でわざとずらしたのかどうかは分かりませんが、いつも日程が少し被っていた東京のCOUNT DOWN JAPANと今年は日程が被りません。

今まで双方のフェスで日程の兼ね合いなどが必要でしたが、今年はそういうものを気にしなくて良くなるので豪華な出演アーティストが期待できます!

RADIO CRAZY 2019に参加する際の注意点

ここでは少しRADIO CRAZYに参加する際の注意を話していきます。

チケットは基本的に電子チケット

f:id:daikima:20190930130632j:image
(引用 http://starbell.jp/production/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%82%99/

RADIO CRAZYでは2017年から電子チケットを採用しています。

紙チケットだった以前はすごく倍率が高く、高値での転売が多発していました。

電子チケットに変わったことにより転売対策になるのとスムーズな入場が可能になりましたが、受け取り方法などが単純な紙チケットと比べてはやはり難しいです。

事前に受け取り方法や使用方法などをしっかり読んで当日に備えておきましょう。

また、紙チケットも一部販売されます。
基本的に紙チケットは確実に身分確認されます。

電子チケットもランダム的にたまに身分確認をされるようです。

荷物をクロークに預けよう

RADIO CRAZY当日、とりあえず会場内に入ったら先にクロークに向かって荷物を預けることをおすすめします。

冬になるとコートを着用して会場に向かっているはずです。
そういったものも含めて、会場内で使わない荷物が多いのです。

開場から開演まで2時間の余裕があるので、
入場クロークに向かって多少並んで荷物を預ける物販やお目当てのアーティストのステージに行く
の流れがおすすめです。

ステージの入場規制

複数ステージがある関係でもちろん参加者は一つのステージのキャパより多い人の数が参加します。

人気アーティストとなるとほぼほぼ確実に入場規制が行われます。

最大ステージであるZ-STAGE」は特に要注意。

大人気アーティストが出場するので入場規制がかかることが多いです。

きつきつの予定を組むのはあまりおすすめしません。

早めの行動をおすすめします。

屋外と屋内を行き来するので服装や体調の管理が必須

ステージや物販や食べ物スペースなどはもちろん基本的に屋内にありますが、移動自体は一度屋外に出なければいけません。

こちらがインテックス大阪の地図です。
f:id:daikima:20190930123224j:image
(引用 https://www.intex-osaka.com/jp/organizer/hall/

1〜6号館まで分かれているのが分かるかと思います。

去年で言うと(ほぼほぼ構成自体は変わらないと思います)、2号館、3号館は食べ物やイベントが行われるスペース。

4・5・6号館はアーティストが出演するステージでした。

ステージ間も一度屋外への移動が発生してきます。

屋内では熱気などで割と温度が高いのですが外に出ればもちろん真冬で、しかもインテックス大阪は会場が海に近い場所なのでかなり寒いです。

次はRADIO CRAZYに参加するにあたって持って行くと便利なおすすめグッズを紹介していきます。

RADIO CRAZYに持って行くと便利なおすすめグッズ(持ち物)

・羽織ることができる上着(パーカーやブルゾンなど)

f:id:daikima:20190930130854j:image
(引用 https://factotum.jp/01080237.html

屋内外の出入りが激しく、外に出る時に上着を持っているとやはり便利です。

マジで外は寒いので気をつけてください。

重要なことが軽く羽織れるような上着であること。

会場に行くまでに着ていくコートをそのまま羽織ればいいやと思っていると痛い目に合います。

アーティストのステージを見ている時などもずっと持っていないといけないですし、物凄く邪魔になります。

なので軽く羽織れるようなものを持ち歩くことをおすすめします。

パーカーだと腰に巻くこともできるので便利ですね。

RADIO CRAZYの服装は、中にヒートテックを着てその上にアーティストのTシャツ、その上にパーカーなどを着用するのがおすすめです。

下はスキニーだったりディッキーズを履いたり様々な人が居る印象を受けます。

・カイロ

f:id:daikima:20190930131155j:image

普段でも冬の必須グッズだったりしますが、カイロが一つあると結構助けられます。

アーティストのステージを見ていると逆に暑すぎて捨てたくなるので貼るカイロではなく普通のカイロをおすすめします。

・ペットボトルホルダー

春夏秋冬どのフェスに参加する際にも持っておくと便利なものですが、ペットボトルホルダーはやはりあるとすごく便利です。

ズボンに引っ掛ける形で装着して、ささっと飲み物を飲むことができます。

ステージに居る時人がいっぱいで、バッグに入れていると取り出すのが困難だったりする時に活躍してくれます。

・小さいバッグ

これも春夏秋冬どの季節のフェスにもあると便利なものです。

クロークにコートなどを預けた後、できれば財布などの荷物を小さいバッグに入れ替えておきましょう。

大きいバッグを持ち歩いてもほぼ使いませんからね。

RADIO CRAZY 2019出演アーティスト

12月25日

・FM802 RADIO CRAZY×ROTTENGRAFFTY 20th ポルノ超特急臨時大増便!!

・OKAMOTO’S

・Official髭男dism

・KANA-BOON

・King Gnu

・グッドモーニングアメリカ

・Survive Said The Prophet

・SHISHAMO

・SHE’S

・sumika

・teto

・10-FEET

・Nothing’s Carved In Stone

・パスピエ

・Hump Back

・ビッケブランカ

・ポルカドットスティングレイ

・MY FIRST STORY

・LAMP IN TERREN

・ROCK KIDS 802 EXTRA CRAZY BAND

 

LIVE HOUSE Antenna

・Karin.

・w.o.d.

・サイダーガール

・Novelbright

・YAJICO GIRL

・ユアネス

 

音波神社 境内ステージ

・FM802 弾き語り部(松本大)

・竹内アンナ

 

 

 

12月26日

・ASIAN-KUNG FU GENERATION

・阿部真央

・打首獄門同好会

・KEYTALK

・木村カエラ

・9mm Parabellun Bullet

・GLIM SPANKY

・GLAY

・Saucy Dog

・THE ORAL CIGARETTES

・SCANDAL

・東京スカパラダイスオーケストラ

・TOTALFAT

・BURNOUT SYNDROMES

・04 Limited Sazabys

・BLUE ENCOUNT

・フレンズ

・マカロニえんぴつ

・milet

・ヤバイTシャツ屋さん

・ユニコーン

 

LIVE HOUSE Antenna

・Age Factory

・オカモトコウキ

・ズーカラデル

・DENIMS

・ハンブレッダーズ

・みゆな

・reGretGirl

 

音波神社 境内ステージ

・KENNY(SPiCYSOL)

・ロザリーナ

12月27日

・“I’M FISH”〜フィッシュマンズトリビュート
ホストバンド bonobos

・雨のパレード

・[ALEXANDROS]

・indigo la End

・ウルフルズ

・ORANGE RANGE

・キュウソネコカミ

・クリープハイプ

・GOING UNDER GROUND

・go!go!vanillas

・サカナクション

・THE BAWDIES

・サンボマスター

・SUPER BEAVER

・TALTOオールスターズ

・the telephones

・Nulbarich

・フジファブリック

・フラワーカンパニーズ

・フレデリック

・Yogee New Waves

・緑黄色社会

 

LIVE HOUSE Antenna

・おいしくるメロンパン

・カネコアヤノ

・kobore

・the chef cooks me

・The Songbards

・Tempalay

・ネクライトーキー

 

音波神社 境内ステージ

・いちろーといせんせい(東京カランコロン)

・FM802 弾き語り部(松本大)

・藤森元生(SAKANAMON)

・むぎ(猫)

タイムテーブル

Apple MusicでRADIO CRAZY 2019出演アーティストの音楽を聴こう

‎Try Apple Music

まとめ

いかがでしたか?

ぜひRADIO CRAZY 2019に参加して年末のロック忘年会をしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です