エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

Official髭男dism「イエスタデイ」は今までで最もJ-POPっぽく、かつエモーショナルな曲になった。


(引用 https://rockinon.com/news/detail/189453

おはこんばんにちは。
だいきまです。

9月20日にOfficial髭男dismの新曲で新アルバム「Traveler」のリード曲、そして映画の主題歌にもなっている「イエスタデイ」のMVがYouTubeで公開されました。

今までにないような髭男の曲になりました。
新しい髭男ワールドが拓けたような気もします。

この曲、本当に大好きです。

「ノーダウト」「Stand By You」「Pretender」「宿命」と続々ヒット曲を生み出している大ヒット中のOfficial髭男dismの新曲「イエスタデイ」について感想を話したいと思います。

「イエスタデイ」感想

雨に打たれながら歌うMVに注目

メンバーやストリングス隊が雨に打たれながら演奏するMVが最大の注目ポイントになっています。
CGではなく本当に濡れながら撮影されていますね。

楽器が完全に壊れてしまわないかとかちょっと心配になりますが、めちゃくちゃカッコいいMVに仕上がっていると感じました。

曲調がアップテンポではありながらエモーショナルな曲になっているので、曲の世界観・曲調ととてもマッチしています。

今までの曲よりJ-POP寄りの曲に


(引用 https://page.line.me/higedan

曲を聴いてまず一発目に感じたのは今までの髭男っぽさを少し残しながらも今までの髭男ではない感じ。
これまでの楽曲と比べて進化したと言う表現方法は違うような気がします。
進化したと言うよりかは、新しい髭男の世界が拓けたような感じがします。

髭男と言えばポップでキャッチーな曲調に洋楽のエッセンスを取り入れた楽曲が魅力でした。
ヒット曲を思い返してもらえばやはり洋楽っぽさを感じます。

今回の新曲「イエスタデイ」はあまり洋楽っぽさを感じないと言うか、どちらかと言うとJ-POP寄りの曲のように思いました。

イントロに関しては後で詳しく触れますが、イントロも含め曲を通してストリングスが良い仕事をしてくれています。

フレーズがいちいちカッコいいし、曲の抑揚をつける大きな仕事をやってのけてくれています。

サビのインパクトと開放感

サビ前のストリングスでインパクトを与え、サビからは一気に開放感があるメロディに変わります。

サビ入りの

遥か先で 君へ

という歌詞部分のメロディーラインが個人的にすごく好きです。

ひらがなで書くと「はるーか さーーきで きーーみへ」みたいな。

全体的に曲の中ですごく抑揚がつけられているのが髭男の楽曲の特徴ですが、今回はその特徴をよりふんだんに使ってきているような気がしました。

例えばですが、最大のヒット曲である「Pretender」はAメロBメロで抑揚をしっかりつけてサビは細かい抑揚のメロディラインはなく落ち着いた雰囲気で感情を噛み殺しながら歌う印象を与えていました。

今回は感情をぶつけて爆発させていると言うか、同じ切ない歌詞の楽曲であるものの、180度雰囲気の違う曲に仕上がっています。

切ない歌詞、ボーカル藤原のハイトーンボイス


(引用 https://spice.eplus.jp/articles/210236

この曲、本当に歌詞が切ないです。
しかし、この歌詞の主人公は闘志に満ち溢れています。

一発目から

何度失ったって 取り返して見せるよ

と言う歌詞で熱い魂を見せてくれます。

ここだけではなく、

本当はいつでも誰もと思いやりあっていたい
でもそんな悠長な理想論はここで捨てなくちゃな

迷わずに進め 進め 二人だけの宇宙へと

など、歌詞の主人公は強い決意表明と言うか、意思のようなものを感じます。

色々ぎくしゃくして難しい恋模様が描かれていますが、ラスサビ部分の歌詞では

不器用ながら繋いだ この手はもう 決して離さずに

という歌詞があります。

ここで主人公とその好きな人は結ばれたように感じるのですが、どうでしょう。

物語の結末は藤原さんに聴かないとわかりませんね。

藤原さんの歌声は裏声成分が強くウィスパーボイス気味で、地声成分が強い歌声より高音が出る代わりに、迫力は落ちてしまう傾向にある歌声なのですが、この人はそんな弱点を感じません。

しっかり歌詞の熱い闘志が伝わってきます。

聴いている人を引き込むOfficial髭男dismのイントロ

この曲のイントロが本当にすばらしいです。
ストリングスで聴く人全てを引き込んで1曲丸ごと聴きたいと思わされます。

それはこの「イエスタデイ」だけでなく、他の髭男の曲もそうです。

僕が特に一番好きなのは「Stand By You」のイントロ。

youtu.be

藤原さんのピアノソロから楽曲が始まりますが、カッコよすぎる。
この曲よりカッコいいイントロを聴いたことがありません。

他にも「ノーダウト」のイントロもめちゃくちゃカッコいいです。

youtu.be

この一発でインパクトを与えることができるイントロは髭男の大きな強みです。

「イエスタデイ」は新アルバム「Traveler」に収録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です