エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

FM802 MINAMI WHEEL(ミナミホイール)2019まとめ。概要や出演者、魅力など。


(引用 https://minamiwheel.jp/

おはこんばんにちは。
だいきまです。

MINAMI WHEEL(ミナミホイール)というサーキット型フェスと呼ばれる音楽フェスの魅力を語っていきます。

ミナミホイールは毎年10月上旬の3連休(土曜日・日曜日・月曜日)に3日間、大阪府のアメリカ村と呼ばれる場所一帯で行われるサーキット型の音楽フェスです。

知名度が上がってきて音楽ファンから人気を博しているバンドから、まだまだ無名なバンドまで多数のバンドが出演することから例年様々な人がアメリカ村に足を運びます。

この3日間はアメリカ村一帯がお祭り騒ぎのようになります。

このサーキット型フェスの一般的なフェスとの違いや魅力、
そしてミナミホイール2019について出演バンドや見所、魅力などを話したいと思います。

公式ホームページ FM802 30PARTY Eggs presents MINAMI WHEEL 2019

ミナミホイール2019の概要


(引用 https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1944278

略称はミナホ。

開催日

10月12日(
10月13日(
10月14日(月)

追記:台風19号の影響で1日目(12日)は中止になりました。
2日目(13日)に関しても発表があるようです。

会場

  1. アメリカ村一帯のライブハウス(knave / club vijon / hillsパン工場 / SUNHALL / FANJ twice / DROP / VARON / BEYOND / AtlantiQs / Pangea / BRONZE / CLAPPER / -Eggs Stage- BIGCAT / CONPASS / OSAKA MUSE / FootRock&BEERS / OSAKA RUIDO / JANUS / soma / FANJ)

アクセス

最寄駅 大阪メトロ「心斎橋駅」「四ツ橋駅」(駅から徒歩で5〜10分ほどの好アクセスです。)

都会のど真ん中で行われるので行き帰りしやすいのも魅力ですね。

開場時間

3日ともに13時開場、13時半開始
(一番キャパが大きいBIG CATのみ12時半開場予定)

BIG CATはキャパが大きく、かつ人気バンドが出演するので入場に時間がかかるのでこのような措置になっています。

チケット

3DAYS PASS(3日通し) 8500円
SATURDAY PASS(土曜限定)3800円
SUNDAY PASS(日曜限定)3800円
MONDAY PASS(月曜限定)3800円

チケットが安いところがとても魅力です。
参加者からしたらめちゃくちゃ嬉しいですね。

何故こんなに安いのかと言うと、人気アーティストは運営側が誘致しますが、無名アーティストについては自身が出演費を支払ってミナミホイールに参加していることにあります。

大阪でも随一のサーキット型フェスに出演できるということは無名アーティストからしても大きな宣伝になります。
参加者が見に行かなくともパンフレットやタイムテーブルに名前が載るのでそれだけでも知ってもらえる機会になります。

主催者のFM802からしても出演者からお金をもらうことでチケット代を安く抑える事ができます。

エリアマップ

minamiwheel.jp

ミナミホイール公式ページ(リンク先)では地図のライブハウスの場所にピンが立てられています。
ただ少し分かりにくいかなと思われます。
当日に分かりやすいマップが例年配布されるのでそれを参照した方が良いかと思います。

僕が思うミナミホイールの魅力・特徴

チケットがとても安い

先ほどの概要の部分でも触れましたが他のフェスとも比べて圧倒的に価格が安いです。
1日券で3800円、3日参加しても8500円と1万円を切る価格で、バンドの出演組数と規模の大きさを加味してかなり安い金額になっています。

参加者にとってチケットが安いということはグッズにお金をかけられたり美味しい食べ物にお金をかけられたりと様々なメリットがあります。

1日目はMINAMI WHEEL(ミナミホイール)EXTRA EDITIONというイベントが開催され、オールナイトで楽しむ事ができる

1日目の終演後、ミナミホイールが開催されるアメリカ村から徒歩圏内で行く事ができるなんばHatchでミナミホイールEXTRA EDITIONというライブイベントがオールナイトで開催されます。
これはミナミホイールのようにサーキット型イベントではなくなんばHatchの一会場のみでアーティストが順番に出演します。

20時半開演で朝の5時半まで熱いライブが行われます。
朝から夜はミナミホイール本編。
そして夜から朝方まではEXTRA EDITION。
まさに音楽漬けの1日を送る事ができます。

出演バンドは以下の通りです。


(引用 https://funky802.com/pages/pickup_detail/5829

毎年なかなか豪華なバンドが勢揃いします。

多数のバンドが出演するので自分好みのバンドを見る事ができる・見つける事ができる

ミナミホイールは多数のバンドが出演します。
その数なんと1日に150組以上。
3日合わせて400組以上ものバンドが出演します。

すごい数ですよね。

激しいパンク系のバンドからおしゃれで落ち着いた雰囲気を持つバンドまで、さまざまなジャンルのバンドが出演します。

自分好みのバンドを発掘するのも楽しいです。
そして、このイベントに出演したことのあるバンドが世間一般にも知られる人気バンドになることもあります。

2年前はMrs.GREEN APPLE、去年はOfficial髭男dismが出演しました。

人気アーティストが出演するライブハウスはすぐ入場規制がかかる

注意しておきたいポイントが一つあります。
それは一つ一つのライブハウスのキャパが狭いのですぐに入場規制がかかってしまうということです。

特に人気バンドが多数出演するBIG CATは最初から最後まで入場規制が当たり前です。
根気強く列に並び続けなければいけません。

それでもお目当てのバンドが見れない事があります。

毎年のように参加していますが、僕もお目当てのバンドが入場規制で見れなかった経験は何回もあります。

ミナミホイール当日は公式サイトにてライブハウスごとの入場規制の状況を見る事ができるのでそちらを確認しながら行動しましょう。

また、ギチギチに予定を詰めるのではなく、人気バンドを見たい場合は余裕をもって早めに行動することをおすすめします。

タイムテーブル

まとめ

いかがでしたか?
大阪の秋のフェスと言えばミナホというイメージがある方も多いかと思います。

地域全体がお祭りのような雰囲気になるサーキット型フェスはその場に居るだけでも楽しいです。
ぜひ皆さん参加してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です