エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

今をときめくKing gnuの新曲「飛行艇」がカッコよすぎる。やっぱ井口じゃなくて井口さんだわ。


(引用 http://kinggnu.jp/archives/1332

おはこんばんにちは。
だいきまです。

King gnuの新曲「飛行艇」最高すぎんか????

かっこよすぎます。
これは井口じゃなくて井口さんと呼ばざるをえません。

大ヒットした前作の「白日」でハードルがごりごりに上がっている中でこんな完成度の高い曲をぶち込んで来ますか。すげえわ。ってなりました。

まじでかっこよすぎて1日3万回は聴いています。
まあ嘘ですが3回は聴いています。

というわけでKing gnuの新曲「飛行艇」について感想や考案をします。

新曲「飛行艇」感想

今回も歌の難易度が高すぎる


(引用 http://kinggnu.jp/#contact

最近は特に顕著ですが、やっぱりこの曲も難易度が高すぎます。
前作の「白日」ではAパートの裏声連発でしかもめちゃくちゃ高音、サビの裏声と地声の切り替えの連続とかいうもう太鼓の達人で言うと「鬼」みたいな難易度でした。

これが歌える人はマジで歌上手い自信もってほしい

今回の「飛行艇」も「白日」まではないもののやっぱり難しいな、という印象です。
サビでは裏声ではありますがやっぱり高音連発ですし、息継ぎのタイミングも掴みづらくて練習が必要です。

すごくインパクトのあるイントロから始まってキャッチーなサビ


(引用 https://www.cinra.net/news/20190719-kinggnu

サビのフレーズを奏でたイントロから常田さんの力強いAパート、そこから一気にサビへと繋がります。
アップテンポの曲ではないですがすごく疾走感を感じました。

初めて聴いた時は「あれ??もう曲終わったの??」って感じさせられました。

サビのメロディーはおしゃれですがキャッチーで覚えやすく、頭に残ります。
大坂なおみ出演の航空会社ANAのCM曲で、15秒という曲を流せる時間が限られている中でこんなに人の印象に残せる曲を作ることができる常田さんは本当にすごい。

サビの中の

命揺らせ

という歌詞が個人的にすごく印象的でした。
この歌詞がどういう意味を持つのか本人の口から語られないと分からないものではありますが、インパクトを受けましたね。
多分「魂を揺らすぐらい全力で」みたいな意味だとは思うのですが。

塔をぐるぐる回るMVが話題


(引用 https://rockinon.com/news/detail/188854

このMVでは塔の中の螺旋回廊を舞台にメンバー含め、「路上で物を売っている人」や「喧嘩しているカップル」など、螺旋回廊を歩く子供が様々な人に出会っていくMVです。

服装を見るにこの子供のお父さんは国の王様だったり貴族だったり、位が高い人の子供のように感じます。

メンバー全体の演奏シーンはラスサビだけ。
物語重視のMVになっているように感じました。

ちなみにですが、King gnuでメインボーカルを務める井口理の呼び方について。
ファンはバンド活動以外のプライベートなど、ふざけていてどこかちょっと(ちょっとどころではないけど)気持ち悪い行動をする方を「井口」、バンド演奏などでめちゃくちゃかっこいい姿を「井口さん」と呼んでいます。

今回のMVでは完全に「井口さん」です。

いやあ、やっぱり井口さんなんだよなあ???

まとめ

いかがでしたか?
印象的なサビ、いつも通りのおしゃれさ、今回も素晴らしい曲になってると感じました。
ぜひ聴いて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です