エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

【音楽ブログ運営指南 】音楽ブログを運営することの苦悩や難しさを語りたい。

おはこんばんにちは。
だいきまです。

今回は音楽の記事ではなくて音楽ブログを運営することの難しさについて書いていきたいと思います。

前置きですが、このブログははてなブログで運営しています。
はてなブログはブログを運営している人同士の横の繋がりがあるのも魅力的で、
ブロガー同士で励まし合いながら運営できることが魅力です。

ですが、音楽ブログを運営している人ってほとんど居ないんですよね。
だから横の繋がりはあるものの、書く記事だったり、書き方だったりを参考にできる人ってほぼ居ないんです。
この辺は個人で考えるしかありません。

というわけで本編にいきます。

音楽ブログのジャンル

まずですが、音楽ブログと言っても色んなジャンルがあります。
そらそうですけどね。

ガジェット系のブログを書くにしてもApple製品をメインに取り上げている人も居れば、スマホのことについて特化したブログを書いている人も居ますし、パソコンのことをメインに書く人も居ます。

それと同じですが、
洋楽メインや邦楽メインでブログを書いている人も居れば、
ある特定の音楽ジャンルについて書いている人が居ます。

例えば邦ロック系だったり、アイドル系だったり歌手のジャンルで分かれていたり、
EDMだったり、ロックだったり、HIPHOPだったり、音楽のジャンルで分かれていたり。

僕とかだと、邦ロックとアイドルと歌い手についての記事を中心に書いています。
でもロックはロックでもSiMだとか、10-FEETだとかいわゆるメロコアとかパンク音楽の記事は書いていません。
多分これからも書くことはないと思います。

なんでかって言うと聴かないからです。
ただそれだけです。

自分が聴かない音楽のジャンルについて記事を書いても薄いことしか書けませんからね。
当然のことなんですけども。

まあ音楽ブログの中にもジャンルはいっぱいあって広いということだけ分かってもらえればと思います。

なぜ音楽ブログを運営することは難しいの??

ブログではなく音楽ナタリーなどが競合

音楽サイトを思い浮かべてみて欲しいのです。
山ほど思いつきませんか??

そうです、音楽ブログの競合サイトは同じ音楽ブログじゃなくて音楽ニュースサイトが競合になります。
大手の音楽ナタリーであったりリアルサウンドだったり、ロッキングオンだったり、そういったサイトに打ち勝たなければなりません。

無理ゲーじゃね???

でも勝てると言えば勝てる方法があるのです。
それは「曲やそのアーティストについて深く記事を書くこと」です。

基本的に音楽ナタリーでは音楽についてのニュースが書かれていて、踏み込んだ内容をあまり記事にしません。
リアルサウンドやロッキングオンではニュースに加えてアーティストへのインタビューが中心になります。
こちらも踏み込んだ内容は記事にしません。

例えばですが、以前僕はMy Hair is Badの「化粧」という曲についての感想記事を書きました。
www.daikima.com

この記事は検索欄でも上位に表示され、今でもこのブログの主力記事になっています。

こういう一曲について踏み込んだ記事は音楽サイトより自由度の高いブログの方が強みがあると感じます。

「化粧」という曲についてただ単に歌いたいから歌詞だけを知りたいだとか、
「化粧」という曲についていつ発売されたかを知りたいとか、
そういった人はブログじゃなくて大手歌詞サイトや音楽ナタリーを見ると完結してしまうのでブログの記事は需要が全くありませんけどね。

歌詞の考察だったり、他の人の感想を知りたい人はやっぱりブログにアクセスしてくれますし、
曲やアーティストについて深い記事を書くことが音楽ブログのアクセスを増加させる方法なんじゃないかなと思います。

かなりネタに困る

曲やアーティストについて深い記事を書くべき、とは言いましたが毎日のようにそんなことをしていればめちゃくちゃネタに困ります。

僕も毎日ネタに困りながらなんとかブログを更新をしています。
毎日1曲について深く記事を書けるほど新しい曲を聴くわけでもないですし、
好きなアーティスト達が毎日交代で新曲を出してくれる訳でもありません。

でもやっぱ検索欄上位にヒットした時の嬉しさだったり爆発力は他のジャンルのブログと比べてもすごいと思うのです。

なのでまあ無理して毎日のように更新しなくても良いですし、
ここは自分で考えて運営しましょう。

僕みたいにとりあえず毎日更新したい!みたいな人はたまにふざけた記事を書くことをおすすめします。
僕も週一で「うんこ食べたい」みたいな記事を書いてますからね。
嘘ですけどね。

音楽ブログはSEO対策が命

お察しのとおり音楽ブログはSEO対策がめちゃくちゃ重要です。
いかにGoogleの検索欄の上位にヒットされるかされないかで記事が読まれるか読まれないかの運命が決まります。
SNSで強みを出すことができるジャンルでもないですし、
大変すぎて頭が痛くなってきます。

ちなみにこのブログの9割弱は検索流入なので、
これが死んでしまうと1日100PVもないと思います、このブログ。

読者数が増えにくい(はてなブログ限定の話)

読者機能があるはてなブログ限定の話になりますが、
音楽ブログを運営している人は分母がまず少ないので死ぬほど読者数が伸びません。
しかも自分好みのジャンルの音楽の記事じゃないと読む気になりませんからね。

横の繋がりは他のジャンルと比べて弱いと言えます。

話と全く関係ないですが、よくブックマーク機能(これもはてなブログ独自の機能)などで関わりがあってPV数が多そうなお二人のブログでも紹介しておきます。

www.namakemono-working.com
就活のことを中心に執筆されているなまけものさん。
歳も近そうですしフェスのことも話したり一番ブロガー仲間の中で話す人な気がします。

記事のクオリティーがめっちゃ高いです。
こんなクオリティーの高い記事をいつも書いていたら僕は頭がぶっ壊れるので無理です。

シンプルにすごい

www.kobonemi.com
ガジェット系(特にApple)を中心に執筆されているこぼねみさん。
もう5年もブログを運営されているんですって。

すごいですわね。

この方のブログを見ているお陰でガジェット系のニュースをいち早く掴むことができています。
情報収集が大変そうで本当尊敬してますパイセン。

音楽ブログを運営することはおすすめできるか

あんまりおすすめしな…

いやおすすめしろよ。

という訳でおすすめします。

是非皆さん、音楽ブログを運営して僕と友達になりましょう。
孤独なんだよ、助けてくれよ。

まとめ

いかがでしたか??
音楽ブログを運営することの難しさについて語ってきました。

もちろん運営は難しいのです。
でも自分の好きな曲を共有できたり、曲やアーティストの素晴らしさを伝えられたりできるところが楽しくて僕はめちゃくちゃ好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です