エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

バンドマンにクズが多いのは何故なのか??過去の問題やバンドマンの特徴などから考案してみた

おはこんばんにちは。
だいきまです。

今回はバンドマンに対してのイメージについての話です。
「バンドマンはクズが多い。」
昔からこれって言われてますよね。

実際のところどうなの??って思うじゃないですか??
バンドマンの友達が多い僕に言わせると3割はまともで、後の7割はクズです。
はい、ありがとうございます。

ちなみに僕はバンドをしていないのでセーフです。

ていうかクズじゃないから!!!

バンドマンが起こした女性関係の問題など


(引用 http://www.mrchildren.jp/

過去にバンドマンはどんな問題を起こしてきたのでしょう。
振り返ってみます。

まずはMr.Childrenのボーカル・桜井和寿の不倫問題。
これ、意外と知られてないと思うんですよね。
少なくとも僕の同世代の人は全く知らないと思いますし、今でも普通に元気にテレビに出ています。
妻が居るのに不倫して結果的に離婚し、不倫相手と結婚しました。

GRAYのTERUとPUFFY・大貫亜美もTERUに妻が居る中不倫関係になり、結局離婚してこの二人は結婚しました。

まあね、まあ、不倫してもちゃんと離婚して不倫相手と結婚するんならまあ良いんじゃないかなあと個人的には思います。

良くない中では良いってだけであって、悪いことは悪いことですけどね。

ちなみにこの二つは90年代の話です。
そりゃあ知らない人が多いのも頷けるな、と言ったところです。


(引用 https://www.cinematoday.jp/news/N0104826

ここ最近ではみなさんご存知の「ゲス不倫」。

2016年1月のindigo la End、ゲスの極み乙女。などで活動する川谷絵音とベッキーの不倫問題ですね。
そりゃあまあ二人とも大人気真っ只中だったので芸能界に多大な影響を与えることになりました。

こちらは絵音さんが妻と離婚してベッキーとも結ばれずっていう誰も幸せにならなかった結果になりました。

あとはKANA-BOONのベース飯田祐馬と女優の清水富美加の不倫問題。
これも人気バンドと人気女優の不倫で大きな問題になりました。

結果的にかどうか分かりませんけど清水富美加は「幸福の科学」という宗教団体に出家、KANA-BOONはバンドとして大きく人気を落とすことにいなりました。

でもなんでか知らないですけど離婚はしていません。
気持ちを改めて一途に生きていって欲しいものです。

2019年になって失踪したりと精神的にも多分だいぶやられてると思うんですけど、
表舞台にまた立つことを願ってますよ僕は。

はじめに、バンドを始めたきっかけから考える


(引用 https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci?workId=20329

というわけでここからはなんでバンドマンにクズが多いのかを考えていきます。
バンドを始めたきっかけから考えてみましょう。

バンドを始めるきっかけとしてよくあげられるのはこの辺の理由です。
・モテたい
・家族の影響
・好きなアーティストが居るから
・アニメに影響されて

家族の影響や好きなアーティストで音楽を始める人ってとても純粋な理由で可愛いですよね。ぺろぺろしたいですよね。

嘘です。

アニメに影響されて始めた人はほぼ7割ぐらいが「けいおん!」の影響だろと思うのは僕だけですか???
まあ間違い無いですよね。

あずにゃん可愛いし。

社会現象になるまでヒットしましたもんね。

あずにゃん可愛いし。

バンドを始める理由としてけしからんと思うのは「モテたい」で音楽をはじめる人だと思うのです。
もちろん、「モテたい」という理由から大スターまでなった人も居ますが、そういう人は前提に「音楽が大好きだから」というのがあるからだと思うんですよね。

そんなの音楽も詳しく無いのに「モテたい」だけで始める輩が居るせいでバンドマンはクズって言われがちな理由の一つだと個人的に感じます。

バンドマンという職業の特徴


(引用 http://trend-music.com/fomare-shinpon-4660/2

バンドマンという職業の特徴や特性について考えてみます。

バンドマンは芸術家に似たようなクリエイティブな職業です。
そういう職業って人と違った感性を持っている人が多いですし、もちろんそういう変わった人の方が売れます。
そういった人って周りの環境や人間の考え方などに感化されやすく影響を受けやすいと思うのですよ。

色んなことを吸収して曲作りにそれを活かしていくので良いことではあるんですけど、悪いことを吸収してしまうこともあると思うのです。
それが女絡みのことですよね。
真面目な人も感化されてクズになる確率が高そうです。かわいそうに。

あとはバンドマンはファンとの距離が近いこと。
別にモテたくてバンドを始めたわけではなくてもバンドマンというのはモテます。
嫌でもモテます。

死ぬほどキャーキャー言われます。
そらファン喰いするバンドマンも居るわなって感じです。

まあファンを喰うようなバンドマンがどこの誰とは言いませんが、
FOMAREのアマダシンスケ、喰いすぎには注意しろよ。

あ、今のなしで。

バンドマンにクズが多い要因

というわけでバンドマンにクズが多いのは何故か考えてみました。
まとめると、
・「モテたいから」だけでバンドマンになる人が居る。
・周りに感化されやすい
・ファンとの距離が近いのでファン喰いするバンドマンが居る

の3つの理由かなと思うわけです。

まあ勝手にしてください、と思うわけですが、クズはどんだけ反省しても過去の行いは消えませんし、クズはクズです。
たまに武勇伝のように過去の行いを笑いながら話す人が居ますが僕はそんな生き方間違ってると思うのでまあ適当に頑張ってくれたまえよ。

まとめ

いかがでしたか?
全員が全員クズばっかなわけではないので、「バンドマンは全員クズ」というのはまじめにやっているバンドマンがかわいそうですよね。

頑張れまじめなバンドマン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です