エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

吉本興業の一連の闇営業問題などでNMB48と吉本坂46ってどうなんの??

おはこんばんにちは。
だいきまです。

吉本興業の問題が今かなりネットやテレビ、世間を騒がせています。
タレントの闇営業の問題から会社の体制や対応の問題にまで広がっていますよね。

さて、このブログは音楽ブログです。
多少的外れなことを言っているのかも知れませんが、吉本所属の音楽グループであるNMB48や吉本坂46は今後どうなっていくのでしょうか。

現在の状況などを加味して考えていきたいと思います。

吉本興業の一連の闇営業問題

雨上がり決死隊・宮迫、ロンドンブーツ1号2号・亮などが事務所を通さない闇営業問題で詐欺集団への営業を行っていたことから事態が大きくなった問題ですが、
宮迫・亮の二人が謝罪会見を行い、その中で吉本興業の体制や対応を批判して吉本興業の会社としての問題まで発展していますね。

ダウンタウンの松本人志、明石家さんま、加藤浩次などがこれについて強く反発して大変なことになっています。

7月22日に吉本興業の岡本社長が会見を行いましたがまあひどいひどい。

別に誰が悪いとか意見したくもないのですがまあ会見がひどい。
会見しないほうがマシだったなと個人的に思います。

NMB48プロフィール


(引用 https://realsound.jp/music)

秋元康のプロデュースにより2010年10月に誕生した。大阪市・難波にある専用劇場「NMB48劇場」を拠点とし近畿地方を中心に活動するAKB48グループのひとつである。

(引用 Wikipediaより)

デビューから2016年まで吉本が経営権を持っていましたがAKB48などを運営する株式会社AKSに譲渡。しかし、2019年に株式会社AKSから吉本に経営権が再譲渡されました。

吉本坂46プロフィール


(引用 https://www.jiji.com/sp/article?k=000002032.000013546&g=prt)

秋元康のプロデュースにより、2018年8月20日に結成したグループ。
吉本興業の大崎洋社長から乃木坂46・欅坂46につづくグループを吉本の芸人で作りたいとの相談があり、それを受けて秋元自身が坂道シリーズの正式な第3弾としてプロデュースする事を決めた。

(引用 Wikipediaより)

NMB48は吉本の問題について言及しているメンバーは居ない

今回の一連の問題についてNMB48で言及しているメンバーは居ませんね。
そりゃそうというか、まあ変に言及してもアイドルというのは好感度がかなり大事なので叩かれてもですし、
あくまで芸人と吉本の問題であって、NMBはアイドルですからね。

まあ全く関係ないわけではないとは思いますが、ファンもそんなに気にしていなさそうです。

吉本坂46メンバーのTwitterやテレビでの反応

まあ吉本坂のメンバーはほとんどが芸人ということもあって今回の問題に言及している方も居ます。
特にトレンディエンジェルの斎藤さんは番組で岡本社長の会見を生中継で見て痛烈に批判していましたね。

そりゃそうだ。

Twitterでは、

など、吉本坂46に所属している方も反応しています。
逆に全くこの問題に触れていない人など人それぞれという印象です。

NMB48と吉本坂46の今後

NMB48は特に問題がなさそうな感じがします。
ギャラはしっかり支払われているのかどうかは分かりませんが、そこまで大元の吉本に対して不信感を持っているメンバーは居ないのではないかなと。

吉本坂46はなあ…どうでしょう。

吉本坂のメンバーではないですが、加藤浩次が吉本を退社しそうです。
この後に続く芸人も居るんじゃないでしょうかね、と感じます。

これから芸人たちは事務所を退社するかなど、どうするか選択を迫られることになります。
芸人たちがなんで吉本に入るかって、好きな芸人が吉本に居るからだと思うんですよね。

一般の会社と違って経営陣が好きで吉本に所属したい、なんて人はまあ普通に考えて居ません。

そして、当然吉本を辞めれば吉本坂からも脱退するわけになります。

芸人さんたち、頑張ってくれ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です