エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

なんで邦ロックが好きなサブカル女ってメンヘラが多いの?メンヘラからの支持が高そうなアーティストも考えてみた

おはこんばんにちは。
だいきまです。

邦ロック好きな人ってメンヘラ多いイメージありませんか?
よくバンドのフェスやライブに参加する僕もそれは思っていることで、
やっぱりメンヘラが多いイメージがあります。

なんでなのかな、って思ったので考えて記事にして見ます。

どんだけ病んでも良いからリスカとODだけはすんなよ、お前ら。

個人的な邦ロックとメンヘラの結びつき見解

まずメンヘラという言葉も現代的なもので使われ出したのも最近です。
ここ5〜10年ぐらいな気がします。

まあこの話は置いといて。

メンヘラになる人は人の考えに影響を受けやすい人たち

メンヘラってそもそも人に感化されやすすぎて感情が過剰になり、精神的に不安定になってしまうのかなと思います。
だからメッセージ性が高いバンドに感動して好きになるのかなと。
これが邦ロックが好きな女にメンヘラが多い理由かなと感じます。

でもメッセージ性が高いアーティストってバンド以外に他にも居ます。
なんなら今活動休止している西野カナだってそうだし、JUJUだってそうだし、加藤ミリヤだってそうだし。

でもそうじゃないんですよね。
なんでってやっぱバンドのファンとの距離の近さ。

小さいライブハウスからスタートするバンドがほとんどなのでやっぱりファンとの距離が近いんですよね。

例えば西野カナとかの路上ライブを経由していないアーティストは事務所が育てて一気にテレビ番組に売り出します。
最初からファンとの距離がそんなに近くないのです、というか遠い。

ファンからすれば応援している人たちとの距離が近い方が嬉しいです、当たり前ですが。
余計のめり込んじゃいますよね。

メッセージ性が高くてファンとの距離が近いバンドはメンヘラハンターです。

どうか刺されないように気をつけて欲しい。

そしてメンヘラはバンドをやりたがります。
メッセージ性の高いバンドに感化されて自分も思いを伝えようと思ってね。

「メンヘラがバンドに感化される→メンヘラがバンドを始める→メンヘラがバンドに感化される→・・・」
の永遠ループです。

WANIMAに感化されたらメンヘラは産まれなくなるので皆WANIMAを好きになって欲しいと思います。
陽キャすぎて僕は苦手ですが。

メンヘラからの支持率が高いバンド・アーティスト

ここからメンヘラからの支持率が高いと思われるバンド・アーティストを紹介していこうと思います。
全部好きだったらあなたは重度のメンヘラです。
この記事見ながらのリスカ、そう、「ながらリスカ」はやめて下さい。よろしくお願いします。

あ、別にバンドをdisってる訳ではないのですよ、本当ですよ。

My Hair is Bad


My Hair is Bad – 化粧

ストレートな歌詞がメンヘラにグサグサ刺さる。
フロントマンの椎木知仁のカリスマ性が溢れまくるバンドですね。

クリープハイプ


クリープハイプ -「栞」(OFFICIAL VIDEO)

THEメンヘラ御用達バンドと言っても過言ではない。
メンヘラは100発100中で好きなイメージ。

あいみょん


あいみょん秘蔵映像「貴方解剖純愛歌 〜死ね〜」@2014年大阪駅前路上ライブ

「貴方解剖純愛歌〜死ね〜」ってどんな曲だよ。
サビに「死ね」って歌詞をもっていけるあいみょんのすごさ。
どんな恋愛してきたんだよ。

大森靖子


大森靖子「死神」Music Video

正直あまり僕は知りませんが大森靖子もメンヘラが好きなイメージ。
メンヘラが好きそうな見た目してます(disってはない)

神聖かまってちゃん


神聖かまってちゃん「33才の夏休み」MusicVideo

ボーカルがまずメンヘラですからね、ええ。
そらメンヘラが好きになるわって話です。

ミオヤマザキ


ミオヤマザキ『女子高生』(Official Music Video)

カリスマメンヘラ御用達バンド。
でも演奏とかめちゃくちゃかっこいい。
夏フェスでみたことあるのですがかっこよすぎて震えた。

ポルカドットスティングレイ


ポルカドットスティングレイ「テレキャスター・ストライプ」MV

やっぱりボーカルの零さんのカリスマ性。
メンヘラが好きになるかどうかはボーカルのカリスマ性に大きく左右されそうなイメージ。

まとめ

自分で思いつく限りメンヘラが好きそうなバンドを挙げていったのですが、見事に全部元カノが好きなバンドだったのでそういうことだったんでしょう。

来世ではメンヘラ以外の女の子と付き合えることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です