エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

新海誠監督の作る映画はアニメーションの美しさはもちろん主題歌も良い曲ばっかり。

f:id:daikima:20190709030410j:image
(引用 http://www.shinkaiworks.com)

おはこんばんにちは。
だいきまです。

2019年も半分が終わって、7月19日に待望の新海誠監督の新作が公開されます。
「天気の子」、めちゃくちゃ楽しみで早く僕も見に行きたいですマジで。

ニートの僕にはこの映画の公開だけが楽しみです。

さて、新海誠監督の映画の最大の魅力はなんでしょう???

アニメーションでしょ

そうでしょ

はいそうです。

そうなんです、鮮明に描かれたとても綺麗なアニメーションが魅力です。

でもね???でもね???主題歌もめちゃくちゃ良いんですよいつも。
新海誠監督の映画の魅力はアニメーションだけじゃないと思うのです。

「君の名は。」では、RADWIMPSの音楽に対して後付けでアニメーションを作ったり、音楽ともとても関係性が深いのですよ。

というわけで歴代の作品の主題歌をいくつかピックアップして紹介しながら語ります。

「秒速5センチメートル」

  • 山崎まさよし「One more time,One more chance」

youtu.be

【映画あらすじ】小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。
そんなある日、大雪の降るなかついに貴樹は明里に会いに行く……。
貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、~彼がいる場所にくると、胸の奥が、すこし、苦しくなる~その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」、三本の連作アニメーション作品。

いや本当にね、神曲すぎるんですよこの曲。
秒速5センチメートル関係なくこの曲を知っている人も居るとは思いますが、秒速5センチメートルの世界観にとてもマッチしていると言うか何と言うか。

いつでも探しているよ どっかに君の姿を

というサビ一発目の歌詞、小学校の卒業と同時に離れ離れになった主人公二人の物語と調和しすぎてて震えます。

「言の葉の庭」

  • 秦基博「Rain」

youtu.be

【映画あらすじ】靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。

僕個人的には、「言の葉の庭」が新海誠監督作品の中で一番好きで、主題歌の中でも「Rain」が一番好きです。
初めて見た時めちゃくちゃ泣いた気がします。
アニメでしか泣けないので僕。
大阪に住んでいるんですが、東京観光した時に聖地巡礼(新宿御苑)したこともあります。

エンディングで「Rain」が流れるタイミングが完璧です。
本当に見てくれこの映画。

「君の名は。」

  • RADWIMPS「前前前世」

youtu.be

【映画あらすじ】 滝と三葉は入れ替わる事にはじめは戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止めてゆく。しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心。辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。千年ぶりとなる彗星の来訪を控えた日本において行われる、時空を超えた物語。

知らない人は少ないんじゃないでしょうか。
2016年に社会現象を巻き起こすほどヒットしたこの映画です。

 

この年、RADWIMPSもまさかの紅白に出場しましたね。すげえな。

ちなみに僕は三回映画館で見ました。カモです。

実は「前前前世」みたいな明るいアップテンポの曲が新海誠監督作品の中で採用されているのは「君の名は。」だけです。

後述の「天気の子」の主題歌もアップテンポじゃありません。

「天気の子」

  • RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」

youtu.be
(残り15秒から歌が流れます)

【映画あらすじ】帆高は高校1年生の時、ある思いを抱いて半ば家出同然の形で上京してきた。しかし、都会での生活は間もなくままならなくなり、苦労の果てに見つけた職業は望むも望まざるも曰くありげなオカルト雑誌の記事を書く仕事だった。そんな彼の淋しい心を表現するかのように雨が降り止まないある日のこと、切れ間のない人々の渦の中に、帆高はある1人の少女と遭遇する。陽菜と名乗ったその少女はとても明るい性格で、弟とこの都会という渦の中でともに暮らしているという。しかも、彼女には到底他の人間には理解し難いある能力が備わっていたのだ。彼女が帆高の目の前で見せたその特異な能力とは……祈る動作をするだけで、それまで低く垂れこめていた雲から降り続いていた雨を瞬く間に終わらせ、一瞬にして紺碧の青空を見せるというものであった。

7月19日に公開される最新作です。
マジでめちゃくちゃ楽しみですね。
泣く準備できてるんで早くしてくれませんかね。

ちなみに主題歌は「愛にできることはまだあるかい」以外にも数曲あり(メインの楽曲はこの曲かと思われますが)、RADWIMPS・野田洋次郎作詞作曲の曲を複数の女性ボーカルが歌っています。

「愛にできることはまだあるかい」もまだフルで公開されていません。
早く聴きたいなあ。

新海誠監督が僕に何故か間違えて楽曲のデータを送ってこないかなあ。

まとめ

これぞ音楽とアニメーションの調和、みたいな感じです。
あんま自分で何言ってるか分からないですが。

とにかく天気の子を楽しみに生きていきます。

劇場で見るからこそ綺麗なアニメーションを堪能できると思うので、ぜひ劇場で見ましょう皆さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です