エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

ROCK IN JAPANにYouTuberのフィッシャーズが出演することで炎上したけど別に良くない??


(引用 http://rijfes.jp)

おはこんばんにちは。
だいきまです。

ROCK IN JAPANという日本最大級のフェスが2019年も行われます。
今年は20周年と言うことで5日間も開催されるんですよね。しかも邦楽専門。

これが夏の3大フェスと言われている、
FUJI ROCK、SUMMER SONICとの大きな違いですね。

今年はYouTuberのフィッシャーズが出演します。

なんでYouTuberがロッキンに出るんだやらなんやら、めちゃくちゃ炎上してますがそれについて思ったことを言おうと思います。

そもそもROCK IN JAPANとは。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロック・イン・ジャパン・フェスティバル)は、毎年8月に茨城県ひたちなか市で開催される日本の野外ロック・フェスティバルである。2000年に初開催され、主催はTOKYO FM(2015年まではニッポン放送)、企画制作はロッキング・オン。

(引用 Wikipediaより)
というわけで、来年で20周年を迎える比較的長く続いているフェスです。

就活の時にフェスを主催しているロッキング・オンに応募して見事書類選考で落とされました。
ありがとうございました。

ちなみに4日間開催になったのは2014年から、今年は特別に5日です。
基本8月1週目の土日、2週目の土日に分割開催されています。
今年は2週目の月曜日も日程に追加されてます。
そんなすんげえ大規模なフェスな訳です。

YouTuberがフェスに出演することについて思うこと


(引用 https://avexnet.jp/news/detail.php?id=1000863)

近年のROCK IN JAPANの傾向

近年のROCK IN JAPANではロックバンド以外のアーティストも普通に多数出演しています。
かなりの数が出演するようになったのは2018年からですけども。
ももいろクローバーZが出演したり、きゃりーぱみゅぱみゅが出演したり、欅坂46が出演したり。
今年に限らず元からロックバンド以外が出演することも珍しくないのです。

まずそもそも結構な頻度でスキマスイッチとかも出演してますけどロックバンドじゃないし。

他のロックフェスは本当にバンドばっかり出るフェスが多いですね。

ROCK IN JAPANは単なるロックフェスじゃなくて今の日本の音楽シーンを象徴するアーティストが出演するフェスだと思うんですよ。

今更になってアイドルやYouTuberが出演することでROCK IN JAPANの「ロック」とは??
って言ってる人がたまに居るんですが、
色んなアーティストが出ることはロックフェスの多角化って言う意味では良いことだと思うのです。

ROCK IN JAPAN2019のフィッシャーズの出演

フィッシャーズが出演することでとやかく言う人も居るけどさ、今更じゃない??

小さいフェスみたいにステージが一つ二つしかないわけでもないし、ロッキンともなるとステージがいくつもあるし、フィッシャーズが嫌なら他のステージに行ったり、物販コーナーに行ったり、フェス飯を堪能したり、色々あるのですよ。

アーティストの演奏を見ることだけがフェスの目的じゃないと思うのです。
1日中非日常空間を楽しむのがフェスの醍醐味だと思うのです。

別に僕もそんなフィッシャーズについて詳しいわけじゃないし擁護してるつもりとかじゃないですよ、マジで。

まとめ

誰が何を言おうと今の日本の音楽シーンではフィッシャーズが流行ってるのです。
それを受け止めましょう。

納得できないんなら好きなアーティストのCDとか買いまくって人気にするんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です