エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

ミックスボイスを使っているアーティストと使っていないアーティストをそれぞれまとめてみた。

f:id:daikima:20190623115035p:image

おはこんばんにちは。
だいきまです。

皆さん、「ミックスボイス」という言葉を聞いたことはありますか?

簡単に言ってしまうと歌う上での高音を出すテクニックみたいなものです。

そのミックスボイスは今や多くのアーティストが使っています。
この記事では誰がミックスボイスを使っているのか、逆に使っていないのかを紹介していきたいと思います。

先に言っておくとミックスボイスの出し方だとか技術的な話はしません。

ミックスボイスってなんぞや

技術的な話はしないと言ってもミックスボイスがどういうものかすら分からないままこの記事を読んでも全く面白くないので、ミックスボイスについて簡単に説明させていただきます。

地声と言うと、

普段話してる時に出す声です。

裏声も分かるかと思いますが、

主に高い音程を出す時に使う透き通った声です。

ミックスボイスはと言うと、その地声と裏声を混ぜた歌声です。

高音を出す際に用いられます。

ミックスボイスを使うことができる人は低音の時に地声で歌って、高音になるとミックスボイスに勝手に切り替わっている感覚です。

ざっくばらんに説明するとこんな感じです。

ミックスボイスで歌うことと地声と歌うこと、それぞれどんな特徴があるの?

f:id:daikima:20190623115117j:image

ミックスボイスを使っている人と使っていない人の見分け方ですが、高音を多用しているかしていないかでなんとなくは分かってしまいます。
ただ地声で高い音程が出る人も多いので分からない人には分からない気もします。

ミックスボイスの特徴として一番分かりやすいのが声の響きかなと。

ミックスボイスを使っているアーティストは声が鼻に響いて(鼻腔共鳴と言うんですけどまあ難しい話はしません)、歌声の通りが良く響く声をしています。

逆に使っていないアーティストは高音を地声で張り上げて歌うわけで、張り上げると喉が締まるので響く場所も少なくなります。

つまり声を張り上げて出している状態は喉仏が上がっている状態なわけです。喉にとってはよろしくないのです。

声を出す通り道が喉仏が上がることによって塞がれるので無理に出している状態みたいになっているわけですね。

でも地声が一概に悪いと言うわけでもないんです。
ミックスボイスで歌うのも地声で歌うのもどちらも魅力がありますし、メリットデメリットが存在します。

メリットデメリットの話をする前にもう一つ、ミックスボイスは高音になるにつれてどんどん裏声の成分が多くなってくるために声が細くなっていきます。
逆に地声は低音と同じ太さ、もしくは低音より太くなります。

ミックスボイスを使うメリットデメリット、使わないメリットデメリット

メリット

ミックスボイスを使っている人は高音がのびのびしていて楽に出している感じがします。

逆に地声で歌っている人(ミックスボイスを使っていない人)は張り上げて声を出しているので力強い高音になります。

デメリット

ミックスボイスを使っている人は抑揚が少ない平坦な曲に聴こえてしまう可能性があります。
楽に高音を出すわけで、声を張り上げないので迫力というものが欠けてしまうのです。

地声で歌っている人は、喉を締めるので喉を壊す可能性があることと、高音の限界がミックスボイスよりも遥かに下なことが挙げられます。

ミックスボイスが推奨されるのは地声で歌うデメリットが大きいから

どっちにも魅力があると言いましたが、歌う上でどちらが推奨されているかと言われるともちろんミックスボイスです。

地声のデメリットのところでも話しましたが張り上げで高音を作るわけなので喉を壊す可能性があるのと、年齢とともに高音が出にくくなります。

たまに昔の曲が歌えなくてキーを下げて歌う歌手だとか、高い部分は観客に歌わせる歌手が居ませんか??
あれは年齢とともに高音が出にくくなっているんですね、まあ当たり前なんですけども。

張り上げミックスボイス

ちょっとだけややこしい話をここでします。
アーティストを紹介する上で欠かせない話になってくるので。

地声、裏声、ミックスボイスの3つを紹介しましたが張り上げミックスボイスと呼ばれるものも存在しています。

ミックスボイスを出してはいるんですが喉仏を上げて張り上げて歌うという歌い方です。

ミックスボイスの抑揚が少ない平坦な歌い方になってしまうというデメリットをカバーする為に歌い方としてあえて使ったりしている人も居ますし、特徴的な歌い方にしたいのであえて使っているという人も居ますし、単純に本来のミックスボイスが使えない人も居ます。

ボイトレの先生などに言わせると良くない歌い方の一つになってくるんじゃないかな、と。

ミックスボイスで歌うアーティスト、歌わないアーティストをそれぞれ紹介していく

前置きが長くなりました。
ミックスボイスを使っているアーティスト、
ミックスボイスを使っていないアーティスト、
張り上げミックスを使っているアーティスト、
あとは途中からミックスボイスを使用し始めたアーティストを紹介していきます。
若手の邦ロックバンド中心です。

なんとなく上記の説明で誰か使っていて誰が使っていないか考えながら見てもらっても面白いかもしれないですね。

ミックスボイスを使っているアーティスト

UVERworld TAKUYA∞


UVERworld – ODD FUTURE (Music Video)|僕のヒーローアカデミア OP

上手なミックスボイスと言えばこの人というイメージもあります。
UVERのTAKUYA∞の歌唱力と、あれだけ高音を太くぶれずに出す能力が本当にすごいです。

そして、普通ミックスボイスを使うアーティストは地声からミックスボイスへの切り替わりが割と分かることもあるんですが、この人はあまり分かりません。

それだけ洗練されたミックスボイスを出せるということです。

Official髭男dism 藤原聡


Official髭男dism – Pretender[Official Video]

2019年大ブレイクアーティストのOfficial髭男dism。
音程がめちゃくちゃ高くて並大抵の男では歌えないことで有名ですね。
というか、ミックスボイスを使えてもなお高いです。

ダントツの歌唱力でめきめき人気を上げてきた髭男は令和を引っ張っていくアーティストにもなるんじゃないでしょうか。

Mrs.GREEN APPLE 大森元貴


Mrs. GREEN APPLE – 青と夏

声が太くて出し方が独特でなお音程も高いです。
また、表現力もすごくあり、高い声が出るだけではミセスの曲を歌っても薄っぺらく聴こえてくるかも知れません。

心の込め方が上手いアーティストだと思います。

ONE OK ROCK Taka


ONE OK ROCK: Wasted Nights [OFFICIAL VIDEO]

言わずと知れた歌唱力お化けONE OK ROCKのTaka。
日本だけではなく世界で活躍するこのアーティストは洋楽のエッセンスを取り入れたロックと圧倒的な歌唱力を持ったボーカルが居るモンスターバンドです。

などなど。
他にもゲスの極み乙女。の川谷絵音だったり[ALEXANDROS]の川上洋平だったり、ミックスボイスを使っている人を挙げたらキリがないです。

曲を聴くと高音が綺麗に伸びてるのがなんとなく分かりませんか?
サビが部分がもちろん音程が一番高くなるので分かりやすいかと思います。

ミックスボイスを使っていないアーティスト

米津玄師


米津玄師 MV「海の幽霊」Spirits of the Sea

現在社会現象になるまで存在感を高めているこの人もミックスボイスは使っていません。

本当にこの人は曲を出せば売れる状態ですね。

サビを聴いてもらうと分かるように最高音などで声を張り上げていることがわかるかと思います。

菅田将暉


菅田将暉 『まちがいさがし』

まあ特段歌唱力は高いわけではないですがこの人の声の力強さには何か伝わってくるものがあります。
サビなどを聴くとかなり張り上げて歌っています。

当たり前ですがMVなどではミキシング(加工)されて多少は薄まってしまっています。

RADWIMPS 野田洋次郎


前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV

洋次郎さんは途中から喉を壊して歌い方を崩したのかわかりませんがミックスボイスじゃなくなりました。

初期は裏声多めで柔らかい印象のミックスボイスを使用していました。

Suchmos YONCE


Suchmos – STAY TUNE [Official Music Video]

独特の歌声とおしゃれな音楽で人気のあるSuchmos。
ボーカルのYONCEはミックスボイスを使っていません。

音程も高くなく、上がり下がりも激しくないので歌いやすい曲ばかりです。
ただ、やはり表現力はピカイチでです。
一定の音程の曲は逆に薄っぺらい印象になってしまうので難しいです。

張り上げミックスを使っているアーティスト

Mr.Children 桜井和寿


Mr.Children「海にて、心は裸になりたがる」from Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸

高音はしっかり伸びていますし、響きもありますが張り上げて歌っています。
強靭な喉とテクニックを持っているので嫌に聞こえないところがすごいところ。

BIGMAMA 金井政人


BIGMAMA – “mummy mummy”Music Video(2019/04/17 RELEASE)

細くて甘い歌声を持っていながら歌う曲は激しいというギャップが素晴らしいBIGMAMA。
この人も張り上げミックスボイスで歌っています。

歌い方が結構独特な人です。

クリープハイプ 尾崎世界観


クリープハイプ -「栞」(OFFICIAL VIDEO)

ちょっと死ぬほど特殊な歌い方なのでここに入れるのかも迷いましたが、間違いなく張り上げミックスなので入れときました。

正直かなり喉声で独特な歌い方なので真似をしない方が良いです。
今までの歌い方までも崩してしまう可能性があります。

back number 清水依与吏


back number -「HAPPY BIRTHDAY」Music Video (TBS系 火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」主題歌)

 

楽曲の途中からミックスボイスを使いだしたアーティスト

HY 新里英之


HY – 「AM11:00」 Live Music Video

動画内はミックスボイスで歌われています。

AquaTimez 太志


Aqua Timez 決意の朝に LIVE

SEKAI NO OWARI Fukase

元々声は綺麗でしたけどRain辺りからミックスボイスを使用して高音がめちゃくちゃ伸びるようになった気がします。
インスタントラジオの最後とかスターライトパレードだとか、何故かたま〜に今までも使ってた気はするんですけどね。

SEKAI NO OWARI「RAIN」Short Version

まとめ

いかがでしたか?
なんとなくでもこれから曲を上でこの人がミックスボイスを使って歌っているかとか、曲を聴く上での楽しみにしてみるのも面白いかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です