エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

【夏フェス】RUSH BALL 2019まとめ。出演バンドや見所など毎年参加してる僕が魅力を教えます。


(引用 https://www.rushball.com)

おはこんばんにちは。
だいきまです。

RUSH BALLという夏フェスの魅力とかを語っていくよ。

RUSH BALLは毎年8月の最終週の土曜日・日曜日に2日間、大阪府の泉大津フェニックスと呼ばれる場所で行われる夏のロックフェスです。

読み方はラッシュボールで、略称としてラシュボだとか一般的に呼ばれています。

僕はRUSH BALLというフェスが大好きです。
もちろん今年も参加します。

他のフェスとの違いや魅力、
そしてRUSH BALL2019について出演バンドや見所などを話したいと思います。

公式ホームページ RUSH BALL 2019

RUSH BALL2019の概要

開催日

8月31日(土)
9月1日(日)

会場


(引用 http://www.pref.osaka.lg.jp/kowan/phoenix-hiroba/index.html)

泉大津フェニックス(大阪府泉大津市)

ちなみに毎年、後日行われるOTODAMAというフェスはステージなどRUSH BALLと同じ設備を使っています。
兄弟フェスですね。

アクセス

最寄駅 南海本線「泉大津駅」からシャトルバスで約20分(徒歩だと1時間弱ぐらいです)

帰りはなんばや梅田への直行バスが用意されているので便利です

車での来場は駐車料金が2000円かかります。

台数に限りはありますが、夏フェスはあると便利なクーラーボックスを持ち込む場合など、持ち物がどうしても多くなりがちではあるので車での来場も良いと思います。

原付バイク・自転車での来場の場合は一律1000円です。

会場が住宅地域からもそう遠くなく、地元住民の方の参加も多いのがこのフェスの魅力でもあります。

開場・開演時間

両日9時開場・11時開演予定

チケット

2DAYS TICKET(中学生以上) ¥12,500
2DAYS KIDS TICKET(小学生) ¥6,500
1DAY TICKET(中学生以上) ¥6,800
1DAY KIDS TICKET(小学生) ¥3,500
(整理番号順に入場します。)

シートエリアの良い場所はすぐ取られてしまいますので整理番号が早い方が有利になります。

遅くても穴場になっているところもあるので、先にシートエリアでシートを敷いてから他の場所へ向かうのがおすすめです。

ちなみに良いところではメインステージが良く見えます。
シートエリアの場所は下記のエリアマップを参考にして下さい。

TICKET | RUSH BALL 2019

エリアマップ

今現在RUSH BALL2019のエリアマップは発表されていません。
↓は2018年のエリアマップです。

大きくレイアウトが変更されることは過去の例を見ても確実にないので参考にしていただいて大丈夫だと思います。

僕が思うRUSH BALLの魅力


(引用 https://twitter.com/myfirststory_of/status/901325919729573888?s=21)

昼は暑いが夜はとても涼しい

RUSH BALLは夏の終わりに開催されるフェスです。

昼はまだ夏の暑さが残っており気温も高いですが日没すると暑い太陽もなくなり、また海に近い会場なので風もありとても涼しく、夏の終わりを感じさせてくれるフェスです。

ステージが2つで、移動が楽

RUSH BALLはステージがメインステージとATMC(サブステージ)の2つで、とても移動が楽です。

長くても10分あればステージの行き来ができますよ

1日目と2日目で出演するバンドのジャンルが分かれている

通常普通のフェスは2days開催する場合様々なバンドが両日とも出演して、ファン層を固めた日程ではないです。

しかしRUSH BALLは他のフェスと違い、1日目と2日目でバンドのジャンルやファン層が全然違います。

今年も全然違っているので出演バンドの欄を見てみて下さいね。よく分かると思います。

参加している客層が違うので1日目と2日目で全く別のフェスのようになります。

砂埃がすごい

毎年全面に草が植えられ、1日目の開場したばっかりの時間は一面緑なのですが、
昼ぐらいになると盛り上がりでステージ近くの全て剥ぎ取られ砂埃が舞うようになります。
デメリットではあるのですが、お客さんの盛り上がりで一面緑が一面茶色になるのってなんかエモくないですか??

チケット代が他のフェスと比べてかなり安い

RUSH BALLはとてもお財布に優しいロックフェスです。
そうです、1DAYSチケットの料金が6800円と他のフェスと比べてとてもリーズナブルです。
2DAYSチケットも12500円です。

(他のフェスの1DAY料金参考
SWEET LOVE SHOWER 10800円
ROCK IN JAPAN 14000円
ジャイガ 7900円
MONSTER baSH 9720円)

とてもリーズナブルということが分かっていただけだと思います。
後日行われるOTODAMAというフェスと同じ会場、同じ設備を使うことから設備費などが安く抑えられチケット代もリーズナブルになっているのだと思います。

RUSH BALL2019出演バンド(1日目)

メインステージ

  • サカナクション
  • ストレイテナー
  • 10-FEET
  • Creepy Nuts
  • Dragon Ash
  • ROTTENGRAFFTY
  • Saucy Dog
  • SUPER BEAVER
  • The BONEZ ※出演キャンセル
  • TRIPLE AXE
  • リーガルリリー(オープニングアクト)

ARTIST | RUSH BALL 2019

ATMC(サブステージ)

  • ナードマグネット
  • ハンブレッダーズ
  • ヤングオオハラ
  • Ghost like girlfriend
  • NakamuraEmi
  • SCUMGAMES
  • SPARK!!SOUND!!SHOW!!
  • The 3 minutes
  • THE FOREVER YOUNG
  • w.o.d.

ARTIST | RUSH BALL 2019

RUSH BALL2019出演バンド(2日目)

メインステージ

  • [ALEXANDROS]
  • BIGMAMA
  • go!go!vanillas
  • KANA-BOON
  • KEYTALK
  • MONOEYES
  • Mrs.GREEN APPLE
  • SHISHAMO
  • the telephones
  • WANIMA
  • teto(オープニングアクト)

ARTIST | RUSH BALL 2019

ATMC(サブステージ)

  • キツネツキ
  • ザ・チャレンジ
  • ユアネス
  • chelmico
  • GOOD ON THE REEL
  • kobore
  • MONO NO AWARE
  • odol
  • TENDOUJI
  • The Songbards

ARTIST | RUSH BALL 2019

タイムテーブル

TIME TABLE | RUSH BALL 2019

RUSH BALL公式Twitter

まとめ

いかがでしたか?

フェスは各々楽しみ方が違ったり、見たいバンドが違ったり、とても素晴らしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です