エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

炎上した阪急電鉄の車内広告は何がダメか


(引用 https://www.mintetsu.or.jp/corporates/hankyu/

おはこんばんにちは。
だいきまです。

今日は阪急電鉄の車内広告が何故炎上したのか考えていくよ!わーい!

黙れ、お前今ニートじゃん

ぶち殺すぞてめえ!!!!!!

ズガーン!!!ガシャーン!!!!!

失礼いたしました。
さて、本題へいきましょう。


事の発端

このツイートがバズったことが事の発端です。

まず、このツイートでバズらなくてもいつか話題に上がっていたとは思いますが。

これはひどい

阪急電鉄の車内広告の問題点

「毎日50万もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか」という広告の問題点。

働いている人たちの神経を完全に逆撫でしてしまいました。

30万も給料もらってねえよ

毎月50万もらえたら生き甲斐になるから50万くれ

と、ボロクソに言われています。

まあ、そりゃそうです。
まず給料が高すぎます。
毎月30万でももらっている人がこの世にどんだけ居るのかと。

出勤中にこんな選択肢を迫られるサラリーマンのことを全く考えていません。

人の人生をなんだと思っているんだろう…

生き甲斐もなく、仕事も楽しくない人も居るってこと、理解しておいた方がいいですね。

「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうと集めることだ。」という広告の問題点

うんちだ…

これほどまでの綺麗事を僕は見たことがありません。

仕事をする目的がお金を集めるためじゃないのなら、皆仕事なんてしません。
仕事はお金を集めることが目的です。

人間誰でも何もしないのがいちばん楽なんです、そりゃそうです。

ありがとう集めるために仕事をやってる人なんか居るんなら教えてくれよ…

月に30万円以上または50万円もらっている日本人の比率

というわけで日本人で月に30万円以上または50万円以上もらっている人の比率はどのくらいなのか調べてみました。

残念ながら月収のデータがなかったので、年収データで見ることにします。
30万円×12ヶ月+ボーナスで400万円ぐらい
50万円×12ヶ月+ボーナスで700万円ぐらいだとします。
前後はもちろんします。
というか少なく見積もっています。

というわけで年収400万円以下の人が月に30万円もらってないと見なし、700万円以下の人が月に50万円もらってないと見なします。


(引用 http://www.cic-pm.co.jp/business/data.html

はい、上のグラフをご覧ください。

まず半数以上の日本人が月に30万円もらえてないじゃん!!!

50万円もらってない人にいたっては8割以上…

そうです、そうなんです。

この広告の異常性がよく分かることでしょう。
誰をターゲットにして作った広告なのか分かりませんね。

上流国民でしょうか?
そういう方は多分電車とか乗らないのでタクシーにでも貼り付けることをおすすめします。

所詮給料の高い人間が考えた広告

間違い無いと思うのですが、この広告を作った人は少なくとも30万円以上の給料をもらっています。
だとしたらこんな広告思いつかないと思うんです。

だとしても、誰かが異常さに気付いてストップをかけなかったんでしょうか。
まあ、確認する人も30万円以上もらってるんでしょうね。

気になったので阪急電鉄の新卒の給料を見てみる

阪急電鉄の新卒募集をサイトで初任給を見てみました。

ん??????

ごめんなさい、僕の目が悪かったみたいです。
もう一回見てみましょう。

・・・も、もう一回見ます・・・?

もう見てられないので良いです

かしこまりました。

ちなみに年間休日104日でこの給料です。
もうこれ以上は何も言いません。

Twitterユーザーの他の反応

この広告のその後

話題になってすぐにこの広告が吊られていた車両は運転が取り辞められました。

ちゃんと反省してください。

まとめ

いかがでしたか?
月に30万円もらってないと思われる阪急電鉄の列車の運転手、どういう気持ちで運転していたんだろうと考えると心が痛みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です