エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

イヤホンの危険性?長時間のイヤホン着用で耳の中にカビが生えることがあるらしい

おはこんばんにちは。
だいきまです。

皆さん、日常的にイヤホンを使用していますか?

きっと「はい」と答える方がほとんどだと思います。
そのイヤホンにまつわるニュースを紹介したいと思います。

タイトルですが、ちょっと焦った人も居るかも知れません。
まあ僕もこのニュースを見たときに焦りました。

怖くてイヤホンつけれないかも知れない。
まあつけるけど。



なんでカビが生えるのか??

「“イヤホン”や耳栓を長時間耳に入れると(耳の中が)高温多湿になり、カビが生えやすい。外耳道真菌症(がいじどうしんきんしょう)といいます。足と同じように耳の中にも水虫がわくイメージ」

【引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00010002-sp_ctv-sctch

とのことです。
夏の季節は要注意ってことですね。

どんな症状があるのよ。

耳のかゆみや痛み、耳漏が起こります。
自然に治癒することはほぼないですし、カビの除去などの作業もあるので病院へ行くことが必須です。
【参考 https://nagakura-ac.com

耳の中を清掃してカビを除去して消毒してから、軟膏などが必要になってきます。



カビが生えやすいのはおそらくカナル型のイヤホン


あくまでも予想なんですが、、イヤホンの中でも「カナル型イヤホン」が一番カビが生えやすいのではないか、と感じます。

上の画像のような形をしています。
昨今はカナル型イヤホンが一番世間で使用率が高いように思います。

ちなみにiPhoneについてくる純正のイヤホン(Ear Pods)や、AppleのワイヤレスイヤホンのAir Podsはカナル型ではありません。
これらは耳に引っ掛ける形で使用する「インナーイヤー型」と呼ばれています。

カナル型イヤホンは、耳の穴にねじ込むようにしてはめ込みます。

このねじ込んで装着することがカビの原因に強く関わりがあるのではないかと。
インナーイヤー型だと耳の手前までしかイヤホンをはめ込まない訳ですが、
カナル型だとできるだけ耳の奥にはめ込むことが好ましいのです。

当然その分高温多湿の環境になりやすいですし、注意が必要です。

耳は触らないほうがいい

当たり前なんでしょうけど耳を手で触ると菌が混入する確率が上がります。

今回のような耳にカビが生えた状態だと、

かゆい→かく→更に菌が混入する

の悪循環に陥ってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

僕も気をつけたいと思います。

イヤホンを装着するのは最長でも1時間までにしよう…

無理なきがする…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です