エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

ニートの僕がやりたい仕事、今後も需要がなくならない仕事を考える

おはこんばんにちは。
だいきまです。

僕と言えば新卒で入った会社を二ヶ月で辞めたスーパーエクストリームニートな訳ですが、ちゃんと転職活動はしていますよ、ええ、もちろんね。

転職エージェントのアドバイスを受けながら転職活動をしているわけですが、求人の紹介をしてもらっている中で、自分はどういう仕事をしたいのか、また、どんな仕事がインターネット時代の今後も需要があるのか分かってきた気がします。

てことでちょっと今日は「やりたい仕事」「今後も需要のある仕事」を記事にしてみようと思います。いえあ。



自分がやりたい仕事は何か

求人を紹介してもらったり、その前に面談で話を聞いてもらってアドバイスをもらったりして、なんとなく自分がどういう仕事がやりたいのか分かってきました。

正直、どの仕事も向いていません、僕には。
仕事と言うより上下関係とかそう言ったものが死ぬほど苦手だからです。
別に人間関係でそんな苦労したことないんですけどね。

職場って無理にでも苦手な人とか嫌いな人と関わっていかないといけないのがなあ、って感じです。

でも、やりたい仕事みたいなのはあります。

ライター

やっぱりね、文章をたくさん書くブログをやっている時点で思うのですが、僕は文章を書くのがめちゃくちゃ好きです。

一生書いていられるかって言われるとそうではないですが、いくらでも文章がぽんぽん思い付くのですらすら書ける自信があります。

社会に出た時にどれぐらい自分に文章力があるか試したい意味でもライターとか、文章を書くことを仕事にしてみたいと思うのですよ。

でも仕事なんでひたすら真面目に文章書かないといけないんですよね。
ちょっとふざけそうで心配です。
それだけ。

音楽系

僕はとにかく音楽が好きなわけです。
音楽関係の仕事をしたいなあってずっと思っているわけです。これはマジで。

高校生ぐらいの時から思ってる気がする。

まあ、好きなものを仕事にすると嫌いになることがある、って言うじゃないですか??

音楽を嫌いになったら元も子もないのでなんとも言えないですね。



今後も需要のある仕事は何か

ネットが発達しまくった現代で、仕事も機械化で職を失う人も出てくるだとかなんだとか言われていますね。
銀行とか事務員とかね。

てことでどう言う仕事が残るんだろう、需要があるんだろうと言うことを自分なりに考えてみました。

IT関係

やっぱりこれから需要がもっと増えてくるのはIT関係です。
インターネットでコードなど構築するのも全部インターネットですし、やっぱりインターネットはすごい。強いです。

これから転職したり新卒で就職したりするならITを選んどけば間違い無いですね。

セラピストなどのカウンセラー業

カウンセラーとかをするセラピストって絶対になくならないと言うか、絶対にロボットにはできません。

ロボットには「心」が無いからですね、はい。
心を読み取って通わせるセラピストなどはロボットには絶対できない職業だと言えます。

まあ、同じ意味で先生だとか、他の人と心を通わせないといけない仕事は絶対に人間が行った方がいいですね。

メカ3号先生とか呼びたく無いしね、まず。

まとめ

僕がやりたいのはとにかくライターです。
文章書くのってこんなに楽しいんだ的なのありません???
僕の周りには文章書くのが嫌いな人が多いなあって思うのでもっと皆に文章書くのを好きになってもらいたいですね。

あ、ブログを始めてまだ一ヶ月も経ってないのでまあ収益的にはまだまだな訳で、これからもっと伸ばしていきたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です