エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

社会不適合者の生き方。サラリーマンは辞めておいた方が良い理由

おはこんばんにちは。
だいきまです。

社会不適合の人ってこの現代の日本にはたくさん居ると思うのです。

社会不適合者は絶望的にサラリーマンが向いてないです。
ここでは、サラリーマンが向いていないのは何故か、どういう生き方をすればいいか、どういう職に就いた方が良いかをまとめてみることにします。

なぜ社会人が向いてないの??

さて、本題に入ります。

社会人が向いてない理由はとにかく協調性がなく冷めているところに当てはまります。
文化祭とか体育祭とか皆で協力したりするのは苦手じゃなかったですか?
あ、自分だ、と思った人も居るかと思います。

何事も冷めた目で見てしまったり、飲み会とかも苦手じゃなかったですか?

とりあえず社会不適合社は熱い人が苦手です。
なんでこんなしょうもないことに熱くなってるんだろうって思ってしまうんです。
何より仕事よりプライベートが優先です。

普通の人との違い

正直親からの遺伝もあるみたいですが、社会不適合になるかならないかは育ち方に大きく左右されるみたいです。

他の方がどんな人生を送ってきたのかは分かりませんが、実際に僕は部活もサークルも入ったことないし、なんなら集団行動や群れるのがめちゃくちゃ苦手でした。

決まった人と一緒に居たくなかったので仲良くしてくれる人ならどんな人とも話したり仲良くなったりしてましたし、その話す人は俗に言う陰キャも陽キャも全然関係なかったです。

僕は隠キャでしたけどね!!

何もしたくなくて部活に入ってなかった訳ではなく、群れるのが苦手で部活に入っていませんでしたということです。

歳上が偉いみたいな上下関係もめちゃくちゃ苦手です。
僕は歳下に全然敬語とか使われなくても全く平気ですし、それで舐められてるとか思いません。
むしろフランクに接してくれてる、と思って嬉しいぐらい。

こうした理由が余計社会不適合にさせたのかなと。
片鱗はあったと思うんですけどね。

2ちゃんのまとめサイトとか見てたら8割ぐらい僕と同じ人類だなって思います。
ああ言う人らの意見見てたらなんかもう「やっぱり僕の意見は間違ってなかったんだ」ってなって社会不適合が加速します。

サラリーマンが向いてない理由

サラリーマンは朝同じ時間に起きて出勤して、夕方〜夜に退勤してって言う生活を月〜金で繰り返します。

これって社会不適合社じゃない人にとってもしんどいですが、やっぱり社会不適合者にとっては本当にめちゃくちゃしんどいです。

皆慣れると言いますが僕は2ヶ月経っても1ミリも慣れませんでした。

なぜかと言うと毎日毎日同じ時間に起きて帰って寝てって言うサイクルに病んで来るのです。

ただでさえ仕事をすること自体が向いてないのに毎日代わり映えしない一日を過ごすと言う辛いことが増えてのしかかります。

こう言う点から社会不適合者にサラリーマンは向いていません。
自信があります。

社会不適合を治すには

根本の考え方から変えないといけないので、割と厳しい問題ではあります。
一つ僕が考えられる方法として挙げると、
「ネットを見るのを辞める」ことです。

つまり僕には無理です。

ただ、僕は心療内科にも通ったりしたのである程度考え方なども変えて、少しずつマシになってきた気はします。

社会不適合者に向いてる仕事ってなんなのよ?

一般的な仕事は無理

一般人がするような仕事で向いてるような仕事なんかないんじゃないかと。
サラリーマンは全般無理ですし、アパレルやインテリアも割と無理があると思います。
プライベートを重視したい人間には残業があるのと休みがないと無理ですからね。

クリエイター系の仕事

作家とかライターとかミュージシャンとか絵描きとかクリエイター系の仕事はいっぱいあります。

自分に才能があればこう言う一人熱中して行える仕事は社会不適合者に向いているのでは、と思います。
実際僕も頑張って毎日ブログを更新しています。
社会不適合者の皆さん、頑張りましょう。

フリーター

自由に暮らすならやはりフリーターがおすすめです。
仕事への意識が低い社会不適合者でも休みたい日を決めて働けますし、フリーターって本当に素晴らしいと思うのです。

もちろん老後の心配などはありますけどね。
やはり正社員として働いていた人より年金受給額とかは低いので。

まとめ

社会不適合者としてどう生きていけばいいか、なんの仕事をすればいいか。
全日本社会不適合者協会の代表の僕が考えてみました。

人生の生き方は人それぞれですが、ちょっとでも参考に思ってもらえたらと思うのと、
社会不適合者でない人は、こう言う人間も居るんだなと思ってくれたらそれで良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です