エンタメを1から分かりやすく伝えるブログ

【就活・就職】社会不適合者が適当に会社を選んでサラリーマンになってしまった話

おはこんばんにちは。
だいきまです。

今日は社会不適合者が適当に就活して適当にサラリーマンになったよっていう話をします。クソだよ。
社会不適合者は職に就くなと言う記事ではありません。そこだけ理解お願いします。

社会不適合者とは?その特徴は?


まずここからですよね。
社会不適合者の特徴としていつも挙げられるのは以下のようなものです。
ちなみに社会不適合者の特徴と言っても全部当てはまると言うわけでもなく、一部僕が当てはまらないのもあります。

  1. 人を信じられない
  2. 会話のキャッチボールができない
  3. 空気が読めない
  4. 人に対して敵対心がある
  5. 時間にルーズ
  6. 協調性がない
  7. 自意識過剰

etc…

まあ、いろんな特徴があります。
ネットで書いてあること一部を抜粋してるみたいなものなので、気になる方はネットで調べてみてください。
大体過半数ぐらい当てはまってたらまあ社会不適合者じゃないんでしょうか??

ちなみに空気が読めないのと時間にルーズなのは僕は当てはまらないです。

どうですか?
普通に社会の中に居るだけでも大変なんだと言うことがある程度わかってもらえたと思います。

僕の就職活動

就活スタート

僕の年は3月1日に就活がスタートしたのですが、とりあえずマイナビとリクナビに登録して、適当にエントリーしての繰り返し。
企業の説明会や面接は予約するけど当日の朝起きて気分が乗らなければ参加しない。(多分予約した説明会や面接の半分以上は気分が乗らなくて参加してないです。)

今思えば本当にバカでした。
まあ、ちゃんと就職活動してちゃんと会社を選んでもどうせ仕事行きたくねえ…ってなってたのは目に見えてますけどね。

そうした毎日の中月日が経過

適当に気分で説明会や面接に行ったり行かなかったりしながら月日が経過して8月になっていました。
もちろん、選考に進んでも気分が乗らなければ面接に参加しないので内定も一社ももらえず。

当たり前と言えば当たり前です。
ですが、僕の年はかなりの売り手市場で、周りの友達も結構内定をもらったりして、就活を終了しようとしていました。
ということでやはり僕としても少し焦らざるをえません。
今思えばこれが終わりの始まり。

焦って明らかに自分に向いてない会社に入社


焦っている僕は、とにかく内定をもらって就活を終わらせなきゃ、という思考に至りました。
8月、僕はある会社に目をつけてエントリー、気分が乗らない日もちゃんと面接に行って選考を進めました。

そして無事に内定をもらうことができました。
奇跡です。あざす。
もう迷ってる暇もなかったのでとりあえずその会社に入社を決め、秒速で内定承諾書を送りました。

その時から薄々気づいてはいたのですが、入社予定の会社は営業で入社します。
明らかに自分に向いてない。
まあいいや。(よくない)と思ってました。

職に就いてから

来たる4月1日

4月1日から早速仕事が始まりました。
しかも月曜日ですよ月曜日、初っ端から5連勤ですよ。死んでしまうわ。ゆとりなので。
初出勤前から行きたくなさすぎて何回もトイレ行って吐いた気がします。
とにかく動悸が止まらんのです。

そして現在…

僕はこうなりました。

https://twitter.com/ofutonfuton_/status/1127797046671339521

仕事、えぐない???
そうです、僕は会社に毎日出勤するだけで体調を崩しました。
まあ会社に行きたくなさすぎて夜寝れなさすぎて、って言うのも理由としてはあると思うんですけどね。

GWは死ぬほどありがたかったです。
社会不適合者の新卒が入社していきなり10連休を経験したらもう一生会社に行きたくなくなるわ。そらそうだわ。
と頷かせ、吐き気を抑えながら10連休終わりの火曜日は会社に出勤しました。

まあ、「社会不適合者に向いてる仕事〜」みたいなことを書かれている他のサイトを否定するわけではないですが、僕みたいな重度の社会不適合の人間に向いてる仕事なんてないと思うんです。

とりあえず決断力は大切だけど、後悔することもあるよ、というお話でした。

#「迷い」と「決断」

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン〜りっすんブログコンテスト2019「迷い」と「決断」〜
Sponsored by イーアイデム

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です